スポーツ

[ODDS and EVENS] 金沢マラソンのスケジュールを調整することが選挙徒歩交通渋滞に対処するよりも合理的です。

~~

COVID-19の間の東京:緑地スペース、在宅勤務の負傷で新しいライフスタイルの機会を提供

いくつかのニュース記事は “興奮にするもの」カテゴリに属している必要あります。 10月31日(日)金沢マラソンには、次のように 日本のランニングニュース

「金沢マラソンは今後中原選挙の投票と同じ日に実施されるため、投票所に行く有権者が通過できるようにコースの20以上の交差点でランナーが停止すると予想することができます。 干渉せず」

日本のランニングニュースは、この国のランニングシーンのために有益情報源は、最近のニュースレポートを引用しました。 NHK 10月14日の記事。 それはすぐに私の注意を引いた。

「選挙のために、21個の場所でランナーを止める金沢マラソン」という見出しがその目標を達成しました。

最後に、マラソンランナーは行き、行き、交通渋滞のために停止しないように訓練されます。

しかし、日曜日石川県の投票所を行き来する人々(推定50,000人)の流入は、時公務員と法執行機関が無視できないことです。

「レース当日マラソン道路は、最大6時間の間に閉鎖されますがコース内14個の投票所があり、有権者が交差点を通過する必要があります。 “ 日本のランニングニュース 報告した。

マラソンランナーにレース予定時間(午前8時35分〜午後3時40分)の間、上記の21個の交差点のうち1ヶ所を通過することができる潜在的な有権者の人波が来る間、じっと立って待つことを要求することは非合理的です。

これらの人種に関連する条件について、通常のものはありません。

次のような質問を投げます。 イベントの主催者が一日早くレースを開催することに決定することがありましたか? それとも一週間後? 時のセキュリティ要員が、他の日がより管理しやすい交通制御作業になるだろうと説得することができましたか?

ハロウィーンの両方のイベントの複雑さを考慮すると、マラソンのスケジュールの柔軟性が失われたようです。

もちろん、今月初め岸田文雄(Kishida Fumio)日本の首相が選出され、政治的変化の風が吹きながら、10月31日国のカレンダーで重要な日となりました。 そして2015年に初めて開催された金沢マラソンはすでに予定されていました。 (そして、多くのランナーは、すでにホテルを予約しました。)

そしてはい、昨年の大会がCOVID-19感染症が原因でキャンセルされた後、イベント主催者が計画通りに進んでしたいことは、理解することができます。

しかし、10,000人のランナーが予想されるフィールドにランニングを中断するように要求しているのは、距離があまりにも混雑して日中の安全な通行が不可能なことがありますので以上の反対の条件を作成します。 避けるべき条件です。

その代わりに、有権者が早期投票の要求に従うかマラソンパスにない投票所を訪問しても遅延がどのように発生するか、誰が知っているでしょうか?

有権者が投票所に到着し、退場必要があるためレースの自然のリズムとランナーの集団の競争精神が破損することがあります。

実際には、個人、国家、イベントや世界記録を破ることを目指しレース日にスニーカーのひもを結ぶマラソンランナーが常にあります。 交差点に支障が生じる可能性があるため、今回のレースではそれが可能でしょうか?

今年の金沢マラソンは、市場の特別なリクエストである独特のアスタリスクが上に浮かぶ状態で開催されます。

山野ユキヨシ(Yukiyoshi Yamano)金沢市長は、10月13日の記者会見で、「時間の目標を追うランナーたちに事前通知をし、理解をお願いする “と述べた。 日本のランニングニュース

理解は普遍的な概念です。

42.1.95kmのレース中に交差点から数百または数千人のランナーを停止させることはありません。

遅延が最小化されランナーの推進力と速度が継続して失われないことを願います。

うまくいけば、実際のレースは、最初から最後まで、一般的なマラソンの条件と似ています。

ただし、ドキュメント上不可能に見えます。

私枠組みラングたい。

著者:エドオーデ所

JAPAN ForwardのEdフォロー [Japan Sports Notebook] ここ 日曜日に [Odds and Evens] ここ 平日やTwitter @ed_odeven。

READ  ミック・シューマッハ、F2チャンピオンにF1に「自分​​の力で行われたかった」[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close