経済

OECD「COVID変種、日本経済の回復を妨げる可能性がある」

新しいオミクロンコロナウイルスの変種に対する懸念が高まる中、COVID-19変種の拡散が抑制されなければ、日本の経済回復が妨げられる可能性があるとOECDが金曜日に明らかにした。

日本の経済および金融状況に関する最新の報告書で、OECDは政府のワクチンの発売進展にもかかわらず、「新しい変種との競争で負ければ新しい緊急事態が宣言され、回復が遅れることがある」と指摘しました。

ほとんどの豊かな38カ国で構成されたパリに拠点を置くこのクラブは、世界3位の経済大国のこのリスクを「かなり」と強調し、オミクロン変形が卒業後の若者たちの雇用見通しを「悪化」させることができると述べました。

ウイルスの緊急事態では、人々は不要な外出を避け、不要な事業体を一時的に閉鎖するよう求められたが、拘束力はなかった。

今月初め、OECDは最新経済展望で日本経済が2021年1.8%、2022年3.4%成長すると予想した。

先月、南アフリカで世界保健機関(WHO)に初めて報告されて以来、感染性が高く再感染リスクが増加する可能性があるオミクロンの変種により、世界経済に対する不確実性が高まっています。

マティアス・コマンOECD事務総長はオンライン記者会見で「現在起こっていることは(omicron)が現在具体化されている下方リスクの一つだ」と話した。 しかし、彼は「オミクロン変異の正確な意味が何であるか、まだ話すには早すぎる」と付け加えた。

同時に、OECDは従業員を解雇しなければならないファンデミック(世界的大流行)企業に対する補助金支給など、家計や企業に役立った多様な措置を引用し、これまで日本政府のファンデミック対応を高く評価した。

報告書によると、「これらの措置は、失業率を正常に下げ、広範な企業の失敗を防ぐとともに、ウイルスの拡散を抑制した」と述べた。

OECDはまた、デジタル化を追求することが急速な人口高齢化のため、長く低成長と悪化する財政状況に苦しんでいる日本に「生産性の成長を促進し、財政持続可能性を確保」できると述べた。

日本の財政健全性は今年3月基準の公共負債が1兆2千億円(10兆6000億ドル)を超え、主要先進国のうち最悪で年間国内総生産(GDP)の2倍以上だ。

日本は菅吉秀元首相政権で去る9月にデジタルエージェンシーを発足させるなど、大流行でこうした改革の必要性がさらに露出された後、公共サービスのデジタル化に拍車をかけています。

レポートは、デジタルサービスが医療、交通、公共投資など、さまざまな分野で公共支出をより効率的にすることができると述べています。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  日本経済は思ったより強い

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close