理科

Omicron BA.5株は高病原性であり得る:Japan univ。 研究チーム





2021年6月15日東京文京区にある東京大学安田講堂。 (Mainichi/Kimitaka Takeichi)

東京大学が率いる研究チームは、日本全域に広がっているコロナウイルスのオミクロンサブバリアントBA.5が「現在主流のBA.2株よりも肺で増殖する傾向があり、高度に高い可能性があるという見方を表明した。細胞と動物を用いた実験に基づいて病原性と伝染性があります。

研究チームが去る5月発表した論文のプリプリントバージョンなど消息筋によると、ヒト肺内部の「肺胞」上皮細胞を用いた実験で、BA.5変異体がBA.2変異体より18.3倍増加することが確認された。 。

ハムスターを用いた別の実験では、感染3日後に肺の深い部分の「周辺」にあるBA.5由来リボ核酸(RNA)量がBA.2より5.7倍増加した。

BA.5に感染したハムスターは、BA.2に感染したハムスターよりもはるかに多くの体重を減らし、肺胞損傷および気管支炎がより多く発生することが示された。 人間の場合、BA.2は気道で増殖し、肺にほとんど到達しないため、症状が深刻になる可能性はほとんどないと考えられています。 しかし、実験によると、BA.5は肺から容易に増加することができ、

一方、世界保健機構(WHO)は6月22日の週刊報告書でBA.5による重症コロナ19に対する感受性が変わったという情報がないと明らかにした。

東京大学医科大学システムウイルス学教授の慶佐藤氏は「私たちは免疫のないハムスターを対象に実験をしたため、免疫を受けた人にも同じことが起こるかもしれない」

しかし、BA.5の性格がBA.2の性格に変わり、「免疫のない人にも深刻な症状が現れることがある。説明した。 症状があるが防疫対策をもう一度検討する必要がある」と話した。

(日本語原文:信田真由美科学環境ニュース部)

READ  オリンパスはメドテックの科学ソリューションを分割してエビデントの子会社を作成しました。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close