経済

OnlyFans、ポルノ禁止計画撤回

ソーシャルメディアのサブスクリプションサービスであるOnlyFans Ltd.は、ユーザーが性的に露骨な材料を継続して掲載できるようにすると明らかにした。

まさに先週このサイトは、10月1日付で明示的なコンテンツを禁止することを明らかにしなく、有名人がファンベースに接続するためにますます依存しているモデルに移行しました。 その決定は、部分的に「銀行および支払サービス」の圧力のために強制的にされたものと、ロンドンに拠点を置く企業が言いました。

水曜日にツイートでOnlyFansは「必要なセキュリティ確保」であり、以前に発表されたポリシーの変更を行わないと言いました。 会社はTwitterで「OnlyFansは含まを意味し、私たちは引き続き、すべてのメーカーに家を提供することです。

性労働者たちは、OnlyFansを使用して信者に露骨なコンテンツを販売して有名人は、より伝統的な写真やビデオを自分のファンベースに販売する方法で蓄積した。 同社は、禁止後も、いくつかのヌード写真やビデオを可能にする計画だったが、製作者はOnlyFansが許可されているものと規則に違反することとの間の境界をどこで引くか疑問を提起しました。

6月にブルームバーグニュースは、同社が10億ドル以上の企業価値に新たな資金調達のための議論を進めたと報道しました。

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、話をきちんと理解するのに役立つ可能性があります。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  最低6000円×2、メッシュが組めるWi-Fiルーター「Aterm WG2600HP4」など4モデルは、NECのプラットフォームズが発売 - INTERNET Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close