OpenAI、東京ハブオープン、日本語に最適化されたGPT-4モデルを追加

Estimated read time 1 min read

画像クレジット: Didem Mente/Anadolu Agency / ゲッティイメージズ

オープンAI 日本に拡大しており、 東京新規事務所オープンとともに 特に日本語に最適化されたGPT-4モデルを計画しています。

これらの動きはいくつかの理由で重要です。 これは、企業が国内事業を推進する機会を強調し、OpenAIが拡大するにつれて技術をさまざまな言語にローカライズする方法を強調します。 そしてより実用的には、AIの長所と短所が政府、規制機関、および全体的な公開談話にさらに集中し、OpenAIがこの流れを理解し、有利な方向に影響を与えるためには、現場に足を踏み入れることが重要になりました。

OpenAIは巨大な名前認識機能を提供しますが、競合他社はいません。 ソフトバンクはまた、去る11月にSB Intuitionsのリリースを通じて、AIの現在の企業流行を構築し活用することを希望しています。 SB Intuitionsは、日本語で基本的にLLM(大型言語モデル)と生成AIサービスを構築することを目指しています。

マイクロソフトがサポートするChatGPTクリエイターは、世界中で1,200人の従業員しかいません。 これは、現在の価値が約800億ドルに達し、多くのインバウンド関心を処理しようとしていることを考慮すると、非常に小さい数です。 今、これらの需要を満たすために拡張する方法を非常に検討しています。 昨年、ロンドンで最初の国際事務所を開き、数ヶ月後、ダブリンに最初の欧州連合(EU)事務所を開設しました。 東京はOpenAIのアジア初のオフィスであり、世界中で4番目のオフィス(サンフランシスコ本社を含む)を代表することになります。

最高経営責任者(CEO)のサム・アルトマン(Sam Altman)は、この地域に正式な立地を築いた理由の1つで、日本が「より多くのことをするために一緒に集まった人と技術の豊かな歴史」を強調しました。 しかし、より機会主義的に、これまでOpenAIのグローバルな拡大努力はかなり戦略的でした。

英国はAI人材の主要なハブであり、EUは現在AI規制アジェンダを主導しています。 日本はヒューマノイドロボットや他のAIベースのハードウェアの最大の開発者であり、採用者の一人であり、昨年、Altmanのワールドツアーで日本首相のフミオキシダを訪れた際に顕著に現れました。 OpenAIの意図について話しました。 国内にオフィスを開設することです。 日本は現在G7議長国であり、 G7広島AIプロセス議長より強力なAIガバナンスを含むAIの安全を促進するためのイニシアチブです。

新しいハブを導くというOpenAIの選択は注目に値する。 OpenAI Japanは次のように導かれます。 長崎忠雄は Amazon Web Services (AWS) で 12 年間勤務した後、同社に加わり、お住まいの地域の Amazon クラウドコンピューティング部門をリードしました。 つまり、この拡張の主な目的は、企業と共にOpenAIのプロファイルとビジネスを成長させることです。

進取的

OpenAI Japanの社長として、長崎は、OpenAIの日本事業を倍増するために、現地チームを構成する任務を担うことになります。 同社はすでにOpenAIのエンタープライズ中心バージョンのChatGPTを使用している顧客の中で、Daikin(エアコンで最もよく知られている産業会社)、Rakuten、およびトヨタを含んでいます。 OpenAIは、標準の消費者に加えて、追加のプライバシー、データ分析、およびカスタマイズオプションが含まれていると述べています。 – 評価ChatGPT。

OpenAIはChatGPTが「日本の公共サービス効率を向上させる」ために地方政府でも使用されていると述べた。

日本語用にカスタマイズされたGPT-4

日本語用にカスタマイズされたGPT-4 画像クレジット: オープンAI

ChatGPTは長い間日本語を含む多くの言語に堪能でした。 ただし、基本的なGPT LLMの最新バージョンを日本語用に特別に最適化すると、文化的理解を含む日本語のニュアンスの理解が向上し、特に顧客サービスやコンテンツ制作などのビジネス環境でより効果的になります。

OpenAIはまた、カスタマイズされたモデルのパフォーマンスが向上し、以前のモデルよりも速く動作し、費用対効果が高いと言います。

現在、OpenAIは一部の地域企業にGPT-4カスタムモデルへの早期アクセスを提供しており、OpenAI APIを介して徐々にアクセス可能になっています。今後数ヶ月で」

READ  日本の核廃棄物埋立地
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours