技術

Oppo Reno7 Aは350ドルの価格表で日本に到着します。

オッポは日本市場で優れた立地を持っています。 最も最近リリースされた製品と同様に、その製品はその市場でのみ独占販売されることがよくあります。

同社は昨年、Reno5 Aの後継製品であるOppo Reno7 Aスマートフォンを発売しました。 5G機能を備えたSnapdragon 695チップセットと7.6mmの薄型ハンドセットにわずか175gの軽量本体を備えています。

Reno7 Aは、最大90Hzのリフレッシュレートと180Hzのタッチサンプリングレートの6.4インチAMOLEDを搭載しています。 解像度はFull HD +で、パネルの下には指紋スキャナがあり、16MP f / 2.0 selfieカメラ用のシングルパンチ穴があります。

背面には4800万画素f/1.7基本カメラ、800万画素f/2.2超広角カメラ、200万画素f/2.4マクロカメラなど3つのカメラがあります。 人工的に色を変更して人物や風景をより美学的に収容できるAIパレットなど多彩な機能を備えています。

Reno7 Aは防水・防塵・NFCのIP68グレードを受けました。 ColorOS 12はオペレーティングシステムですが、Android 11は下にインストールされています。 バッテリー容量は4,500mAhで、18Wで充電できます。

Oppoは、6GBのRAMと128GBのストレージを搭載したReno7 Aに対して、JPY44,800(約350ドル)を請求します。 日本以外の地域では、装置が出現する可能性が極めて低い。

READ  Destiny 2 Ticuuの占い驚異触媒ガイド:永遠高速ピアスポイントを完了する方法

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close