技術

Ørsted、JWDとEurus、日本で洋上風力発電団地開発

デンマークのエネルギー会社であるØrstedはJapan Wind Development(JWD)とEurus Energyと協力して、日本の秋田県で洋上風力プロジェクトを開発した。

このパートナーシップは、日本の電力市場のJWDの知識、洋上風力発電団地開発のØrstedの経験と秋田県でEurus Energyの運営実績を結合することです。

両社は今月閉鎖される日本の洋上風力オークションラウンドも入札する計画である。

Ørstedアジア太平洋地域社長Matthias Bausenweinは、次のように述べて: “日本はØrstedの戦略的市場として洋上風力発電のための大きな可能性と最適な条件を持っています。

「Ørstedは、日本の緑の変革のための触媒になるユニークな機会と義務があり、日本の洋上風力コスト削減の旅を実現するために重要な役割をすることができます。 “

三社は、現在、日本の2018年の海上再生可能エネルギー法に基づいて秋田地域で能代/三田四/オーガと由利本荘という2つの洋上風力プロジェクトを開発しています。

これらの風力発電団地は、現在必要な承認を受けて進行中です。

2017年からNoshiroとYurihonjo洋上風力敷地は敷地調査、環境影響評価や海底調査を行ったJWDによって開発されました。

二風力発電団地の場合、タービンは、床固定基盤に設置されます。

JWD社長兼CEOのMasayuki Tsukawakiは、次のように述べて: “各企業の長年の経験と知識を活用して、現地の利害関係者と協力することで、私たちは、秋田の最初の大規模な洋上風力発電団地を正常に構築することができると考えている。

「洋上風力産業の成長と日本の持続可能な社会の発展に一層貢献します。」

日本は2040年までに洋上風力30〜45GWに到達する目標を設定しており、毎年洋上風力オークションを開催する予定です。 この国の西海岸は、2030年までに最大5GW、2040年までに9GWの洋上風力を収容することが予想されます。

このオークションのガイドラインに沿って能代市、三田ネチョと男鹿市の統合電力網の容量は415MWであり、由利本荘市は730MWです。

今月初めØrstedとPGEはバルト海で足ティカ2(1.5GW)とバルティカ3(1GW)二つの洋上風力プロジェクトを構築し、運用するために、以前に発表した合弁会社(JV)契約を完了しました。

両社は、それぞれ最大2.5GWの総設備容量を持ち、全体的にBaltica Offshore Wind Farmを構成する洋上風力プロジェクトの50%の株式を保有することになります。

READ  Xbox Series Xの華やかなオートHDR機能は、PCに提供しています

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close