エンターテインメント

Osako、Mutoは神戸を新たな次元に引き上げる準備がしました。

フォワード大迫勇也と武藤よしのりは日曜日に欧州クラブでJリーグ1部リーグに復帰したヴィッセル神戸を連れて来ることを約束しました。

日本の代表大迫(Osako)は、ドイツブンデスリーガで降格されたベルダー・ブレーメンを去り、武藤は、イングランド・プレミアリーグ(EPL)クラブのニューカッスル・ユナイテッド(Newcastle United)で不振3シーズンを過ごした後のキャリアを再起動しようとします。

2021年8月22日に東京で開かれた記者懇談会で、オンラインのスクリーンに出席した武藤よしのり(左から3番目)と三木谷浩史球団会長と一緒にヴィッセル神戸シャツを持っている間、ボージャン・クルキッチ(左)と大迫勇也(右)がオンラインスクリーンでスクリーンショットを撮っている。 (写真提供:ヴィッセル神戸)(教徒)

日本代表として49試合23ゴールを記録している31歳大迫(31)は、オンラインメディアとのインタビューで、「選択の余地が多かったが、ストライカーとしてもう一度続けて、チームの勝利に貢献するゴールを入れることが、純粋な風だった」と述べた。 会議。

「神戸であるため、優勝は可能性があり、私はすべてを捧げて何かを成し遂げたい」

このペアは、前バルセロナの天才Bojan Krkicが攻撃に参加しており、VisselがKyogo Furuhashiが残した空白を埋めるために探している30歳のAndres Iniestaと再会する。 新しいセルティック感覚は、彼が去る前に15ゴールを入れたJ1の得点王に残っています。

武藤はすでに自分の能力を示しました。 彼はハーフタイムに入って土曜日鹿島アントラーズ戦の勝者がありました。 右足外側を使用して最適な重量のボールを送って山口蛍がタップできるようにしました。

29歳の彼は、「海外で6年ぶりに日本に戻ってきて嬉しくさらに発展するための第一歩だ」と語った。 得点とアシストの面で良い成績を収めて得点機になるように努力する」と述べた。

大迫は2014年1月鹿島アントラーズを残す1860年ミュンヘンに移籍した後、ドイツ2部リーグでプレーがケルンとブレーメンでプレーしました。

Mutoは2015年FC TokyoのJ-リーグで最後に走っMainzに参加する前の2017年Bojanで走りました。 Mutoは昨シーズン後半をスペインのチームEibarから賃貸に送られた。


関連の適用範囲:

サッカー:前日本の主張長谷部、ブンデスリーガレジェンドに名前

サッカー:古橋キョゴ、ハーツにカップ勝利でセルティックのターゲット

Football:Wataru Endo nets Stuttgart「s 1st goal of Bundesliga season


READ  プロジェクトEGG、ADV「自動メビウス」を配信開始! - GAME Watch

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close