エンターテインメント

OTV旅行後に日本に滞在することを決めた理由の迷彩トースト

。 最終更新日:2022年7月27日


トゥイッチストリーマーJeremy ‘Disguised Toast’ Wangが日本に滞在してLAに戻らない理由を明らかにしました。

2週間のOTV日本旅行が幕を閉じました。 人気エンターテイメントグループ。 彼らの最新の冒険は、視聴者の間で非常に人気があり、特に変装したトーストの場合、多くのメンバーの生活に大きな影響を与えました。

実際、この人気ストリーマーは日本旅行を通じてストリーミングとお金に対する態度が変わったと明らかにしたことがある。 彼はまた、「もはや魅力的に見えない」LAに戻ることについて懸念を表明した。

これにより、トーストがOTVをやめるかどうか疑問に思いましたが、現在はコンテンツ制作者が日本に滞在することにしました。 以下は、Disguised Toastがトピックについて話したものです。

変装トースト、日本旅行延長説明

「アメリカに帰るかと思って悟ったことがあります。 アメリカに戻ると、私の主なハイライトはSussy Sundayでした」とToastは言いました。 「誤解しないでください。 Sussy Sundayは日曜日で一日ですが、本当に私の注意のハイライトであるべきですか?」

多くのストリーマーにとってコンテンツを作成し、何千人もの視聴者を楽しませることは、特にその過程を実際に楽しんでいないと、やや難しいかもしれません。 トーストは現在、LAでの生活がやや停滞していることを明らかにしました。

トーストは「LAに戻るとどんなことが起きるのか知っている」と説明した。 「誰かが私にValorantを一日プレイしてもらうことができます。夜にこのゲームをプレイし、OTVハウスでポッドキャストを続け、日曜日にSussy Sundayをすることもできます。」

「私は私が一日一日私の人生を生きることを想像することができました。 少なくとも日本では確かに大変だが違う感じがする」と話した。 トーストが日本にどれだけ滞在するかを尋ねる質問に、ストリーマーは実際に戻ってくるフライトを予約していないと述べた。

「飛行機に乗らなければ日本に滞在することができます。警察を呼ぶ前に法的に話します」とトーストは冗談を言った。 「私たちのビザは1回限りの入国であり、私たちが受けたビザで1回入国できますが、出国すれば再びビザを発行する必要があります。」

トーストが現在持っているビザは90日で、取得するのに2ヶ月かかるので、残りの時間を最大限に活用する計画だ。 彼が全期間滞在するかどうかはまだわかりませんが、現在では日本でより多くのDisguised Toastストリームをライブで見ることができると期待しています。

READ  オリンピックソフトボール視聴方法:スケジュール、TVチャンネル、時間、米国チームの無料ライブストリームなど

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close