スポーツ

Outteridge、アメリカ崩壊後、日本SailGP勝利バッファロースポーツ

タラント、イタリア(AP) – Nathan Outteridgeは日曜日SailGP Tarantoレガッタで開かれたポディウムレースで米国の船が先頭にある間、故障した後、日本チームを勝利に導きました。

4月末のバミューダで開かれたシーズン開幕レガッタ初日米国船と衝突したオリンピックの金はメダリストアウトテリー地(Outteridge)には大きなカムバックであり、50フィートの長さのカタマランを崩した。

スペインはポディウムレースで2位を占めており、米国はアメリカズカップチャンピオンジミースピトヒルが2回優勝し、3位を占めています。

ニュージーランド、デンマーク、英国、フランス、守備チャンピオンオーストラリアがフィールドを仕上げました。

ニュージーランドと日本は日曜日二つの艦隊レースで優勝しました。 日本、米国、スペインは5つの艦隊レースの後順位に基づいて、ポディウムレースに進出しました。

軽い風に乗組員は再び5人で3人に減りました。

オーストラリアOutteridgeは「3人乗りと大会を見て時間が多くないが、米国が崩れた時、すぐに態勢を広げることができる本当に簡単な決定であった私たちがレースで効果的に勝利した。」と言いました。

「この週末には完璧なレースがなかった時々幸運キャッチします。 そして、我々はそれについてJimmy Spithillに感謝します! “

READ  フェルースタトペᆫ陣営 "2014年にベンツを選択していないことに後悔はない」/レッドブルホンダF1[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close