エンターテインメント

Pamplin Media Group – 日本庭園の花絵展示会開幕

ガーデンは日本にインスピレーションを受けた植物や花イラストショー「Gifts from Japan」を開催します。

ポートランド日本庭園(Portland Japanese Garden)の最新美術展は、花瓶に咲く数本の桜よりも花に対する日本人の愛が大きいことを明らかにしています。 池袋(フラワーアレンジメント)はミニマルな芸術かもしれませんが、今回の水彩画展示では花に対する一風変わった感想が出てきます。

「日本のプレゼント:植物芸術に伝わる園芸物語」の作品スタイル ポートランド日本庭園 主に植物学的です。 一般的に、茎と葉のある花は白い背景に浮かぶので、ユニークな形に焦点を当てることをお勧めします。 これは物語やロマンスを呼び起こす芸術ではありません。 それは各タイプの花の理想的な形についてです。

私たちがアメリカ原産と考えることができる多くの植物が実際に日本原産であり、ここに持ってきました。 これには、樽、藤、ツツジ、ツツジなどの庭の必需品が含まれます。

作品はパビリオンギャラリーに展示されていますが、ギフトショップの隣にある田辺ギャラリーには紹介コーナーがあります。 1800年代後半に博覧会や他の博覧会で世界に再開された後、西洋がエキゾチックな日本をどのように発見したかを説明します。 日本のパビリオンと庭園が建設され(例えば、1876年フィラデルフィア100周年博覧会)、花が重要な人気を集めました。 絵の詳細に示すように、アートブックのように見える手描きのポストカードと種子のカタログがあります。 フラワーアレンジメントの見本を示す17世紀の巻物(取扱説明書)と様々なカエデの葉のイラスト本があります。 この展覧会はまた、第二次世界大戦中にオレゴンとワシントンに拘留された日本人が彼らの食べ物と花を栽培し、日本人がフード川地域の果物栽培に影響を与えたことを明らかにします。

チェリー

したがって、パビリオンでメインショーに登場する白い桜を見ることは驚くべきことではありません。 展示コーディネーターのキャロリン・スピンカ(Carolyn Supinka)は、詩人であり、今回の展示で様々な季節と合う詩と絵を選別しました。

石川美恵子の絵山桜(山桜)は、多くの絵のように俳句と対になっています。 それを読みます:

「花びら、

山を動かして、

桜。」

俳句は、訪問者に白い花で覆われた山が風に揺れる様子を示しています。

展示副局長サラ・ケイト・ノムラ(Sarah Kate Nomura)は、ポートランド・トリビューン(Portland Tribune)とのインタビューで、「石川がこの正確な種類の桜を実際に見せてくれる植物や科学イラストの本当に良い例」と述べました。

「これはこの特定の植物を識別するのを助けるためのものですが、石川は芸術作品である美学的に美しく、楽しい方法で作業しました。」

ショーは文化、芸術、教育のキュレーターである中西明が企画しました。 そして、ロバートホリ(Robert Hori)、カリフォルニアハンティントン図書館、美術館、植物園の植物文化キュレーターであり、プログラムディレクターです。 日本が原産地である植物や各植物の多くの品種を見せることに重点を置いた。 菊の彫刻が良い例です。

単水相鉄や事故ヤシも素晴らしいです。 2億年の植物でジュラ紀公園からすぐに出てきたのです。 作家は、ヤシの葉、円錐、根を体系的に配置します。 野村は、日本の気候が亜熱帯から北極に変わっているということは、そのような巨大でゆっくり成長する熱帯植物が日本で巨大な地位の象徴であることを意味すると述べた。

オンアル

もう一つの驚異は、紙に油彩で描いた盆栽(ミニチュア)黒松です。 粗い殻はカキ殻のように見えます。 白い背景の上に緑と黒がたくさん使われており、現実的です。

一部の作品は2016年のショーで フローラ・ジャポニカ (日本の花)は、1800年代初めに作られた本の名前にちなんで名付けられたロンドンのキューガーデン(Kew Gardens)で開催されました。 それは日本の植物についてヨーロッパ人の最初の文書でした。 (そのショーは日本の芸術家が日本の土種植物を描くことでした。)

ほとんどのアーティストは日本人または日本系アメリカ人ですが、一部の非日本人も含まれます。 秋子 えのきど 模造フィジーには2枚あります。 彼女は濃い緑色の輝く葉を強調し、オレンジ色のツバキの魂を一枚に収めました。 2番目のツバキは白で、1つの花にのみ焦点を当てます。

野村は「ベルルームは芸術を作り、文章を書くための非常に伝統的な材料です」と言いました。 「本当に薄い革で作られています。紙とは異なり、水彩絵の具の水や顔料を吸収しません。ちょうど上に座ると本当に豊かな色が得られますが、細い作業をたくさんする必要があります。彼女がこの本当に美しい作品を作るために多くの努力と綿密な観察をしたことがわかります。」

地域アーティスト ジャネットパーカー また、非吸収性材料を使用した。 彼女は製図フィルムに色鉛筆を使用して繊細な紫色の藤を作りました。 ショーのすべての部分は綿密な調査を受けます。

このアーティストエノキドはポートランドショーを一緒に助けました。 彼女は、この芸術への献身を示すParkerと同様に、植物アーティストギルドのメンバーです。

行けば

What:日本から来たプレゼント:植物芸術に伝わる園芸物語

日時:5月14日~6月4日

どこ: Portland Japanese Garden, 611 SW Kingston Ave, Portland OR 97205

費用:パビリオンガーデン入場料込み


あなたは私たちが情報を維持することを期待し、私たちは私たちの努力に資金を提供するためにあなたに頼ります。 質の高い地域ジャーナリズムには時間とお金が必要です。 コミュニティジャーナリズムの未来を守るために支援してください。

READ  日向坂クリスマスライブ後輩の言葉に「いい女〜」 - 坂道:日刊スポーツ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close