技術

PCIe Gen4対応のSamsung製M.2 SSD「SSD 980 PRO」が国内発売。 1TBモデル税込約2万5000円

2020年9月23日、ITGマーケティングはSamsung Electronics製の新型M.2 SSD「SSD 980 PRO」10月下旬に発売すると発表した。 PCI Express Gen.4(以下、PCIe 4.0)x4接続をサポートしており、順次読み取りパフォーマンスが最大7000MB / s、シーケンシャル書き込み性能が5000MB / sの高速データ転送を実現したのが特徴である。
容量ラインナップは1TB、500GB、250GBの3種類で、税金業者予想販売価格は順番に2万4980円1万5980円9980円ある。 また、2020年に容量2TBモデルの発売も予定していることが分かった。

SSD 980 PRO

SSD 980 PROは、フラッシュメモリに最新世代となる第6世代V-NANDコントローラにSamsung製の「Elpis Controller」を採用する。コントローラ熱管理と本体のヒートスプレッダして発熱を最小限に抑えながら、高い耐久性を備えるならない。
主な仕様と同じである。

画像(005)PCIe Gen4対応のSamsung製M.2 SSD

####以下リリースより####

次世代インターフェースPCIe 4.0のサポート
Samsung NVMe SSD「980 PRO」を10月中旬から販売

サムスン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:金子根千)の公式代理店であるITGマーケティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:左京恒雄)は、PCIe Gen 4.0 x4(以下「PCIe 4.0」)に対応したM.2フォームファクタのNVMe SSD「SamSSD 980 PRO」(以下「980 PRO」)を2020年10月中旬から販売します。

画像(001)PCIe Gen4対応のSamsung製M.2 SSD

■製品の特長
次世代NVMe SSD

「980 PRO」は、次世代のインターフェースPCIe 4.0をサポートしているサムスン製Elpisコントローラとサムスンの第3ビットMLC(TLC)NANDを搭載して、パフォーマンスを最適化したハイエンドNVMe SSDです。 シーケンシャルリード速度は最大7,000MB / s、シーケンシャル書き込み速度は最大5,000MB / s(※)に達し、PCIe 3.0 NVMe SSDと比較して読み出し、約2倍、書き込みで約1.5倍の速度(※※)を実現しています。 ランダムアクセス性能も高く、読み取りと書き込みのパフォーマンスは最大1,000,000 IOPS(QD32)(※)を実現する、ゲーム、コンピュータグラフィックス、データ分析などの負荷の高い作業に適しています。
※性能はSSDのファームウェアのバージョンシステムのハードウェア構成と環境設定などにより異なる場合があります。 性能測定はIOmeter 1.1.0に基づいています。 書き込みパフォーマンスはInteリネン神社 そこWrite技術を使用して測定しています。
※※Samsung SSD 970 EVO Plus(1TBモデル)と比較した内部テストに基づいています。

安心の放熱設計

画像(002)PCIe Gen4対応のSamsung製M.2 SSD

SSDの性能を最大限に発揮するには、熱制御が不可欠である。 「980 PRO」は、効率的な放熱のために、ニッケルコーティングされたコントローラとヒートスプレッダ措置ラベルを採用しており安定した性能を維持することを可能にしています。

温度管理ソリューション
「980 PRO」は、最先端の熱制御アルゴリズムを搭載したサムスン製コントローラによる熱管理を行うことで、耐久性と安定した性能を提供します。 また、Dynamic Thermal Guard技術により、最適な温度を維持します。

2TBモデルは、2020年内発売予定
「980 PRO」は、250GB、500GB、1TBの容量をラインアップ。 2TBモデルは、2020年内に発売予定(※)しています。
※サムスン電子のプレスリリースより。 国内での販売については、詳細が決まり次第ご案内いたします。

管理ソフトウェア「Samsung Magician “
「Samsung Magicianソフトウェア(日本語対応)」は、ドライブの状態を確認する管理ソフトウェアです。 一連の使いやすいツールを使用すると、ドライブを常に最新の状態に維持して、パフォーマンスの向上も可能です。
※メーカーWebサイトから無料でダウンロード可能である。

世界のNo.1のフラッシュメモリブランド
サムスン電子は、SSDの主要構成部品であるNANDフラッシュメモリ市場で2003年以来、世界No.1の地位を維持し(※)しているブランドです。
※出典:2003年 – 2019年IHS Markitのデータ:NANDサプライヤー売上高シェア

■製品仕様

画像(003)PCIe Gen4対応のSamsung製M.2 SSD

(※1)1ギガバイト(GB)= 10億バイト(IDEMA規定)。 容量の一部はシステムファイルおよび保守に使用されることがありますので、実際の容量は、製品ラベルの表示とは異なる場合があります。
(※2)本製品は、PCIe 3.0との下位互換性があります。
(※3)の性能は、SSDのファームウェアのバージョンシステムのハードウェア構成と環境設定などにより異なる場合があります。 性能測定はIOmeter 1.1.0に基づいています。 テストシステムの構成は、次のとおりです。 AMD Ryzen 9 3900X 12-Core Processor CPU @ 3.79GHz、DDR4 2666MHz 16GB×2、OS – Windows 10 Pro 64bit、Chipset-ASUS-X570-ROG CROSSHAIR VIII FORMULAv。
(※4)順次とランダム書き込み性能測定(QD 32 Thread 16テスト)は、Intelligent TurboWrite(インテリジェントターボライト)技術使用時のものです。 順次読み取り/書き込みIntelligent TurboWriteバッファサイズを超えた場合、パフォーマンス測定値は、最大4,800MB / s / 500MB / s(250GBモデル)、6,300MB / s / 1,000MB / s(500GBモデル)6800 MB / s / 2,000 MB / s (1TBモデル)です。 ランダム読み取り/書き込みIntelligent TurboWriteバッファサイズを超えると、性能測定値は、最大300,000IOPS / 150,000IOPS(250GBモデル)500,000IOPS / 300,000IOPS(500GBモデル)800,000IOPS / 500,000IOPS(1TBモデル)です。
(※5)消費電力の測定は、IOmeter 1.1.0に基づいています。 テストシステムの構成は、次のとおりです。 AMD Ryzen 7 3700X 8 Core @ 3.6GHz、DDR4 8GB×2、OS – Windows 10 Pro 64bit、Chipset-バイト-X570-AORUS MS。
(※5)消費電力の測定は、IOmeter 1.1.0に基づいています。 テストシステムの構成は、次のとおりです。 AMD Ryzen 7 3700X 8 Core @ 3.6GHz、DDR4 8GB×2、OS-Windows 10 Pro 64ビット、チップセットバイト-X570-AOR私たち しかし化。
(※6)すべての耐久試験の結果は、JESD218規格に準拠しています。 標準の詳細については、www.jedec.orgを参照してください。
(※7)保証期間(5年)またはTBW(Total Byte Writt=総書き込みバイト数)のしきい値に達するまでのいずれか短い期間までです。 保証の詳細については、製品に付属の安全情報をご確認ください。
(※8)本製品のRoHS対応はwww。サム。と/二世帯住戸ductor /– 私たちの/グローボール– とPliance /を参照してください。
(※9)最新のバージョンに更新する必要があります。

■製品ラインナップ

画像(004)PCIe Gen4対応のSamsung製M.2 SSD

■製品情報のURL(公開情報)
https://www.itgm.co.jp/product/ssd-980-pro.php

READ  [빠즈도라 일기]ガチャドラの性能が「正常」も! 破格的な無料のキャラクターと言わざるをえない。 | AppBank

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close