理科

PCR検査の信頼性が揺れ “サクサク型コロナ」も…しかし、恐れる必要はないロックは、今後も必要がない| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

PCR検査で検出されない恐れがある」突然変異」可能性

10月下旬に新型コロナウイルスSARS-COV2変異が、欧州で流行していると報告され(注1)遺伝子の変異が大きいと、既存の試薬は、PCR検査では検出されないことがあるが、世界的科学雑誌「Lancet」でも指摘されています(ノート2)

このウイルスは、20A.EU1ということで、蔓延しているコロナウイルスの特徴的な部分でいくつかの部分で大きく変化させています。リスク群かどうかなど臨床上の調査がこっそり行われています(ノート3)

「新型コロナウイルス」より「新型」が登場して、元のウイルスは季節性の仲間入りを開始します。新型インフルエンザといったことがA(H1N1)2009pdmと「新型」が抜け、季節性(球形)がされたかのような経緯です。

10月12日WHOのCOVID-19特使であるデビッド・ナバロ博士は、英国見物人雑誌のインタビューで、

写真= EPA /時事通信フォト

10月12日WHOのCOVID-19特使であるデビッド・ナバロ博士は、英国見物人雑誌のインタビューで、「WHOは都市封鎖を主要な管理方法で使用することを支持しない」と答えた。

PCRは、新型特有の遺伝子を鋳型にしています。 鋳型とする遺伝子が変異してしまうと、PCRにかからないように、感染しても、音声になるかもしれません。 遺伝子に合わせた鋳型試薬の変更が必要です。 大幅な変異・亜種が流行すると、現在PCR検査自体が無効になることができません。 変化および試薬の作成の無限のいたちごっこになります。

新規患者数が増加しても、深刻な病気の患者が増加しなかった

私たちは、「新型コロナウイルス」と呼ぶとしても、ウイルスの迅速な変異ですぐに昔のことになります。現在の姿はコロナウイルスに変異長い歴史のいずれかに過ぎません。

急速に変化するコロナウイルスの遺伝子変化は、大きな木の形の画像になっています(注4)。新規患者数が増加しても、深刻な病気の患者が増加しなかった(注5)スウェーデンのインテグレーネル博士は夏のバカンス旅行の影響はなかったと分析しています(注6)

幸いなことに、アジア・オセアニアでは、コロナウイルスは重症化することは困難と思われる。 突然変異が持ち込んでも、私たちは年間を通じて変化の一つに過ぎないからなのかもしれません。

長い時間軸と地域性の面考察2つのパラメータが必要です。 しかし、なかなかこのような全体を俯瞰情報は配信されません。

READ  火星に生じた小さな鳥の衝突クレーター、AIを活用して発見| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close