経済

PCR検査1980円、東京駅の近くに開業初日は、アクセスが殺到… “需要ここまでと”:東京新聞TOKYO Web

10日に開業した民間のPCR検査施設=東京都中央区で

新型コロナウイルスのPCR検査が1回1980円(税込)で受けることができる施設が10日、JR東京駅の近くにオープンした。 同社は、「無症状感染者の発見に接続したいと思う。お気軽に安心して検査を受けてほしい」と話した。 (デジタル編集部・美使いきっ)

オープンしたのは、「SmartAmp Station “逆転検事」「検査は綿棒のようなもので唾液を採取してウイルス感染を調査する。

検査に必要な時間は3分程度。 採取した唾液は、都内検査所に移され、検査の結果は、次の日に通知される。 当日に結果を知ることができ、料金は9900円(税込)である。 インターネットで申請する待機時間はないという。 今後郵送検査も受ける。

初日は10日午前0時から試験受付を開始しましたが、アクセスが殺到し、サーバーがダウンし。 接続がよくなった。 担当者は「ここまで要求があるとは考えていなかった」と驚く。

理化学研究所と神奈川県衛生研究所が共同で開発した独自のPCR検査」SmartAmp法」を使用。 既存のPCR法は、2時間程度かかるウイルスの検出時間を40分に短縮したという。

会社によると、病院で自費で検査を受ければ2万〜4万ウォン程度かかります自分唾液などを採取して郵便で検査する方法でも7000円程度が主流である。

施設理研でベンチャーで検査試薬の販売開発を行う「ダナフォーム」の子会社が運営する。 同社によると、同社が開発した試薬や機器を使用することで低価格を実現しました。

次の週まで1日6000人分を検査することができる体制を整備する予定である。 検査施設のレンタル会議室を使用することで、駅の近くの好立地に位置を飾ることができました。 今後も店舗を広げていくという。

10日午後4時50分の時点での申請サイトに接続されていない状況が続いて受付を停止した。サイトここ


READ  日本の万華鏡自販機の画期的な瞬間コロナウイルスの大流行

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close