技術

Pereira、LongはオリンピックでRed Raidersを代表します。

Kyle Terada-USA TODAYスポーツ

SAITAMA、Japan – Mito Pereiraは銅メダルのために7人のプレーオフに進出した後、オリンピックで4位を記録した。 祖国チリを代表していたテキサス州工科大学出身のPereiraはバディのための悲痛パットが渦打つ前プレーオフの3番目のホールに進出しました。 Hurly Longは日曜日の最終ラウンドで4アンダーを投げた後、7アンダーで大会を終えました。

ザンダーショーペレは霞ヶ関カントリークラブで開催されたオリンピック4ラウンドのコンテストで18アンダーを記録し、米国の金メダルを取ったし、ロリサバティーニ(スロバキア)は、決勝戦で10アンダーを記録し銀メダルを取った。 ラウンド全体17アンダー。 Pereiraは、最終ラウンド67の後トーナメントで15アンダーを打っローリー・マキロイ、セバスチャン・ムニョス、松山英樹、ポール・ケーシー、CT、ファンが含まれている7人のプレーオフに参加して、4回目のプレーオフホールで銅メダルを獲得しました。

2015-18年にRed RaidersでプレーしたLongは完全な35番目に彼の最初のオリンピックの経験から70-70-70-67 – 277を記録した。 Pereiraは2014-15シーズンにTexas Techで競争している途中、最近Korn Ferry Tourで3勝免除にPGAツアーカードを獲得し、プロに転向しました。 彼は全15アンダー69-65-68-67オリンピック大会を終えました。

チリのサンティアゴ生まれの彼は、今シーズンKorn FerryでBMW Charity Pro-Am、REX Hospital OpenとCountry Club de Bogota Championshipで優勝してPGAツアー3勝昇格を確保しました。 Pereiraは、テキサス州工科大学で72.2打平均打率で1年生のシーズンを終えタルサで開かれた大会で9アンダーの8位を記録し、Big 12オールトーナメントチーム栄誉を抱いた。

テキサス州工科大学でLongの大学のキャリアは2017年Carmel Cupで優勝しPebble Beachで第二ラウンドで61打を打って54ホールのトーナメントでプログラム最高197打を記録してコースレコードを立てることにより、強調された。 ドイツのマンハイム出身のLongは、現在European Challenge Tourで走っています。 長い間GCAA All-Academic TeamとAcademic All-Big 12栄誉を獲得しました。

READ  日本のグリーン成長計画は、企業が環境に焦点を合わせるように推進

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close