技術

Personeticsは、デジタルバンキングの分野で日本で最も革新的な企業であるiBankと共に、地方銀行の顧客パートナーにパーソナライズされた洞察を提供します。

福岡、日本–(ビジネスワイヤー)–ペルソネティクス金融機関向けの金融データ駆動型パーソナライゼーションと顧客エンゲージメントソリューションの大手グローバルプロバイダーは、今日、福岡金融グループの子会社であり、日本でネオバンクとして広く知られているiBank Marketing Co.、Ltd.との新しいパートナーシップを発表しました。 日本の最高のシステムインテグレータであるTISのサポートを受けているiBankは、地域銀行のサービスにPersoneticsの機能を追加することで、より多くの日本地域銀行がデジタルスペースに移動し、より多くの日本銀行の顧客にデジタル化されたバンキング体験を提供できます。できるようサポートする予定です。 。

iBankは、デジタルバンキングサービスで顧客の日常生活を向上させることを使命とする日本で最も革新的なNeobankの1つです。 日本最大の銀行の一つである福岡金融グループ(FFG)の子会社であるiBankは、B2B2C(Business-to-Business-to-Consumer)ビジネスモデルでPersoneticsと協力し、日本の他の地域銀行と協力する予定です。 PersoneticsとTISとのパートナーシップを確立することによって、iBankは日本の地域銀行パートナーが高度な初個人化機能を提供できるようにしますが、他の銀行の個別の配置は必要ありません。

Personeticsは、リアルタイムの人工知能(AI)ソリューションを通じて、銀行や金融機関に金融データベースのパーソナライゼーションを提供します。 Personeticsは、顧客の金融取引データを整理、強化、分析することで、銀行が顧客がお金を管理する方法をより明確に把握するのに役立ちます。 銀行はパーソナティクスと協力して、個人的な洞察、関連する推奨事項、製品ベースのアドバイスを作成し、顧客の資金管理と財務健全性を向上させるのに役立ちます(例:賢明な予算設定、財務目標設定、自動お金を節約)。

PersoneticsのCEO兼共同創設者であるDavid Sosna氏は、次のように述べています。 「個人データの強化とパーソナライズされたエンゲージメント機能をiBankの地域銀行パートナーに提供することで、日本の地域銀行が顧客を支援する新しい機会を開くことができます。 私たちは、日本の地域銀行が顧客の金融取引データに基づいて個人化された参加を提供するのを助けることができます。 私たちは、より良い資金管理、関連する財務アドバイス、有用な商品の推薦、そして人々の財政生活を改善するための賢明な予算や貯蓄の推薦などの他のソリューションを通じて、デジタルバンキングの未来を築くために協力することができます。

金融機関はまた、より高い顧客エンゲージメント、より良い顧客満足度、より効果的なクロスセールターゲティングのための改善された顧客体験を提供し、機関がローンを発行し、新しいアカウントを開設することを支援することによって、Personeticsソリューションのビジネス影響を促進します。

詳しくは以下をご覧ください。 Personetics.com

アイバンクマーケティング(株)紹介

iBank Marketing Co.、Ltd.は、福岡金融グループ(FFG)の子会社です。 日本でNeobankとして広く知られているiBankは、革新的な金融サービスを作成することを使命としています。 同社のコア製品アプリであるWallet+は200万回以上ダウンロードされています。 FFGはまた、デジタルネイティブを対象とした日本初のデジタル銀行であるMinna Bankを2021年に作成して発足しました。 Minna Bankは2021年にいくつかの業界賞を受賞しました。 iBankは、地域の銀行パートナーが日本の銀行顧客によりデジタル化された経験を提供できるように支援します。 詳しくはこちら https://www.ibank.co.jp/.

TIS Incについて:

TIS INTECグループの一員であるTIS Inc.は、金融、産業、公共サービス、流通サービスなど、さまざまな分野の3,000を超える企業とビジネスパートナーです。 ITは成長戦略を支援し、顧客が直面するさまざまな管理上の問題を解決します。 TISは、50年以上にわたって蓄積された産業知識とIT開発能力を活用して、日本およびASEAN地域の社会および顧客とともに作成したITサービスを提供し、豊かな社会を実現することを目指しています。

ペルソネティクスについて

Personeticsは、金融機関向けの金融データ駆動型パーソナライゼーション、顧客エンゲージメント、高度な資金管理機能の分野におけるグローバルリーダーです。 銀行の積極的な参加を可能にすることに焦点を当てたPersoneticsのAIは、リアルタイムで財務データを分析し、顧客の財務行動を理解し、顧客のニーズを予測し、個人化された経験を提供します。 私たちは、銀行が顧客に代わって積極的に行動し、財政健全性を改善し、財政目標を達成することができる「自律走行金融」の未来を築いています。

当社の業界最高のデータ分析ソリューションは、顧客の金融取引データを活用して、日常的な実行可能な洞察、パーソナライズされた推奨事項、製品ベースの財務アドバイス、および自動化された財務健康プログラムを提供します。 金融機関は、Personeticsのアジャイルソリューションを使用して、お客様の独自の要件を満たし、市場で差別化するために独自のパーソナライズIPを迅速に作成します。 パーソナティクス製品を通じて、金融機関はデジタルバンキングの経験を顧客の金融生活の中心に変えます。

私たちは、市場市場の消費者バンキング、SMBバンキング、資産管理、クレジットカード発行者のためのソリューションを提供します。 パーソナティクスは、正確で効率的なクロスセールおよびアップセールのために関連製品ターゲティングを改善し、金融機関にビジネスに影響を与えます。 私たちは、金融機関が顧客関係を深め、コア預金と顧客維持を増やし、財布シェアを拡大​​し、顧客の生涯価値を高めることを支援します。

Personeticsは現在、30のグローバル市場にわたって80以上の金融機関にサービスを提供しており、1億2000万人の顧客にサービスを提供しています。 私たちは、ニューヨーク、ロンドン、テルアビブ、シンガポール、東京、パリ、スペイン、オーストラリアにオフィスを構えている大手ベンチャーキャピタルとプライベートエクイティ投資家の支援を受けています。

詳しくはこちら personetics.com

READ  ノルウェーのローカルファンド、東芝へのバイアウト提案を促す

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close