経済

PH、より強力かつ包括的なコロナ以降の経済の推進 – Manila Bulletin

日本有数の企業や金融機関からの300人以上の日本のお客様がコロナ19以降のファンデミク時代にはるかに強力で包容的な経済を推進しようとする二つのテルテ政権の努力を強調した仮想フィリピンの経済ブリーフィング(PEB)に参加しました。

Jose Laurel V(PE Tokyo)駐在フィリピン大使

ホセローレル5歳東京駐在フィリピンの大使は演説で、日本の参加者に、日本が提供することができる明るい展望と貿易の機会、生産的で強力なフィリピン – 日本の両者の関係に基づいて機会を考慮するように奨励しました。

ローレル大使は「インフラ開発、貿易と投資、防衛、安全保障、海洋協力、科学技術協力、人的資源の開発、ミンダナオ支援など、さまざまな分野で、私たちの養子と地域作業が続けられています。」と言いました。 9月7日、仮想ブリーフィングで語った。

PEBは、フィリピンに対する日本の投資を促進して、フィリピンの回復過程に勢いを追加することを目指しています。

ローレルは「このブリーフィングで、フィリピンのスポットライトが続くことを願っている」とし「特に経済性と改革について集中照明することを願う」と付け加えた。

フィリピンと日本は、今年修交65周年を迎える。

Bangko Sentral ng Pilipinas(BSP)総裁Benjamin Dioknoは日本の参加者に、フィリピンがコロナ19危機で失ったことを取り戻すことを目的としていると言いました。

Dioknoは、プレゼンテーションで日本の投資家がフィリピンでの事業をしての利点を活用することを歓迎し、「私たちは、コロナ19以降の経済がこれまで以上に強力で、技術的に発展して、持続可能で、より包括的であることを望んでいる。 金融部門の機会。

一方、社会経済企画部長官であるカール・ケンドリックチュア(Karl Kendrick Chua)は、フィリピンの経済回復プログラムについて説明し、フィリピンのインフラプログラムの詳細について説明しました。 彼は伝染病の後の経済回復を主導する中核的対策プログラムとインフラプロジェクトの継続的な展開の重要性を強調しました。

Carlos Dominguez財務長官は最近、国家の法人税と財政インセンティブ制度を合理化する画期的な法律の制定を含む国家財政部門の発展状況を発表しました。

DOF局長は、CREATE(Corporate Recovery and Tax Incentives for Enterprises)法が零細、中小企業の法人税率を30%から20%に、すぐに10%ポイント引き下げると言いました。 残りの企業は30%から25%に5%ポイント割引を受けます。

また、彼はCREATE法が財政および非金銭的なインセンティブ付与に柔軟性を提供すると付け加えました。 これはパフォーマンスベース、時間の制限、目標設定、および透明の強化インセンティブパッケージを導入します。

「今後、多くの経済のエネルギーが発揮されることを待っている。 私たちの回復は、CREATE法の施行に向上されます。 これは、私たちの最近の歴史の中で、企業のための最も大きい景気浮揚のプログラムです。」とDominguezが言いました。

DominguezはCREATEを通じて新しい技術と革新を導入し、より多くの雇用を創出する産業を奨励することにより、高付加価値の投資を誘致することができる機会があるだろうと思います。

Ramon Lopez通商産業省大臣は、プレゼンテーションで、フィリピンと日本との間の貴重な経済パートナーシップを強調しました。

「日本は、特に、電子と医療機器の分野で、フィリピンの強力かつ重要な貿易パートナーであり、投資の源泉でした。 昨年、日本は私たちの国の第二の主要な貿易パートナーであり、最高の輸出市場であり、二番目に大きい収入源でした。 これは2021年1月から6月まで継続されたが、日本は103億4,000万ドルで、2020年の同期間(85億6,000万ドル)に比べて21%増加した第二の主要な貿易パートナーであった。」とDTI長官が言いました。

日本のためのPEBは日本に拠点を置くSumitomo Mitsui Financial Groupが週の日本のフィリピン大使館、BSP、DOF、DTIとNEDAと協力して組織しました。



デイリーニュースレターを購読する

登録するには、こちらをクリックしてください

READ  アウディ、フィリップノアック社長がV型8気筒600PSの新型「RS 6アバント」「RS 7スポーツバック」「RS Q8」を日本初公開

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close