経済

PH、日本から300億円の融資を確保

カルロス・ドミンゲス財務長官(3歳)と田中秋彦日本国際協力団(Japan International Cooperation Agency)会長が4月26日、日本東京でコロナ19危機対応緊急支援融資施設の2段階に基づく300億円貸付に対する協定に署名している。 , 2022. 投稿写真

フィリピン政府は、フィリピンがコロナ19ファンデミックから急速に回復し、高く、包容的な成長の道に完全に戻ることができるように日本から300億円(約123億P)の借款を確保したと財務省が発表しました。 DoF)が火曜日に発表しました。

声明で、カルロス・ドミンゲス財務長官3世と田中秋彦日本国際協力団(JICA)信任会長がフィリピンと日本政府に代わってコロナ19危機対応2段階協定に署名したと明らかにした。 緊急支援ローン2段階(CCRESL2)。

CCRESLの第2段階は、コロナ19に対する目標人口にワクチンを接種し、将来の公衆衛生緊急事態の挑戦に対処するために、医療システムの能力を拡張したフィリピンの成果と計画を認めるために署名されたとDoFは付け加えた。

約123億ドルまたは2億3,436万ドルの価値を持つCCRESL2パッケージには、年間0.01%(100分の1%)の金利、15年の満期、および4年の猶予期間があります。 、もともと500億円CRESLと同じです。

ドミンゲスは、フィリピンの開発プロジェクトと感染症対応努力の継続的な強力な支援について日本国民と政府を賞賛したと財務省が強調した。

彼は日本がフィリピンの最大の公的開発援助貢献国であり、JICA(海外援助部門)はフィリピン政府のコアイニシアチブの実行を支援する非常に信頼できるパートナーだと指摘しました。

「大統領の任期 [Rodrigo] ドゥテルテ大統領の執権は今年6月に終わる。 我々は経済の財政状態と成長の見通しを改善するために多くの成果を収めた。 日本政府と国民の時宜を得た支援がなければ、私たちはこのことができなかっただろう」と日本東京JICA本部で開かれた協定書に署名する前、財務局長が言った。

Dominguezは、チャイムJICAの会長として、Kooka Shinichiがフィリピンの開発アジェンダへの支援を通じて、インフラモダン化プログラムBuild、Build、Buildなどのプロジェクトに1兆円以上の資金を提供したと述べた。 私たちの従業員のための質の高い雇用を創出し、ビジネスコストを削減しました。」

「JICAは、新しい経済における私たちの回復と競争力のためのこのプログラムの価値をよく知っています」と彼は言いました。

内閣関係者は、ローンと補助金に加えて、フィリピンの対流行動に対する日本の支援には、300万回以上のアストラジェネカ・コロナ19ワクチン寄付が含まれたと明らかにしました。

「フィリピン政府のCovid-19対応措置を支援するために、今日300億円規模の融資契約に署名することで支援が継続されています。を願っています。 ,” 彼は付け加えた。

一方、林正正日本外務相は、ドミンゲスが日本-フィリピン高位級インフラ開発及び経済協力共同委員長としてフィリピン共同委員長として参加してくれたことに感謝の意を伝えた。

大臣は、「自由で開かれたインド太平洋」を達成するための戦略的パートナーとして、フィリピンとの協力を強化していくという意味を明らかにしました。 強制的に現状を変えようとする一方的な試みのような挑戦。

大使館は「両大臣は経済安全保障分野の協力を議論し、経済強圧はもちろん重要基盤施設の安全と信頼性問題に対応して協力を強化していくことにした」と付け加えた。

READ  日本とアメリカのファンデミックパートナーシップが必要な時だ – The Diplomat

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close