PH、日本の投資家をもっと誘致する目標

1 min read

フィリピン中央銀行(BSP)は、2024年6月21日に東京で開催されたフィリピン経済ブリーフィング(PEB)でフィリピンの経済管理者と協力し、フィリピンの成長可能性と拡大する投資機会を強調しました。で約500人の参加者が集まりました。

大統領特別補佐官(SAP)投資および経済担当フレデリック・ゴーは、フィリピンの明るい展望と成長ストーリー、そして回復力、包括的で持続可能な経済を構築するための政府計画の進捗状況に関する最新のニュースを共有しました。

財務大臣ラルフレクトは、基調講演でフィリピンと日本との強力で長年の二国間関係を強調し、日本を「この地域でフィリピンの親友」と呼びました。

彼はまた、日本の投資家がこの国の成長に参加するように促しました。 この国は虎が経済になる可能性があるからです。 財務大臣はまた、日本をフィリピン経済圏に最も多く投資した国に挙げたが、これまでに合計806のロケーター会社があります。

BSP副州知事Francisco Dakila Jr.は、「投資に有利なマクロ経済環境の構築」をテーマにした最初のパネルセッションで、外国人直接投資(FDI)の最新のBSP展望と展望に影響を与える要因を共有しました。

READ  日本経済が萎縮し、USD/JPYは安定税を見せています。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours