エンターテインメント

PH-日本、関係拡大の約束

TOUGH MISSION 岸田文夫 日本首相が2021年10月8日金曜日、日本中議員で開かれた臨時国会で初の政策演説を準備しています。 AP写真

ロドリゴ・ドゥテルテ大統領と岸田文夫日本首相は、両国の強力な関係をさらに拡大し深めるための共同の約束を確認し、フィリピンの指導者は東京を「両者パートナーの中で他の追随を許さない」と話しました。

マラカナンによると、ドゥテルテ大統領は日本政府が東京オリンピックとパラリンピックの成功を祝う電話通話を通じて両国首脳の約束がなされたと伝えた。

ドゥテルテは、岸田がまだ外務大臣であった2016年8月、ダバオを訪問した時を思い出しながら「日本は私たちの両者パートナーの中で他の追従を許さない」と話した。 岸田はその年大統領になった後、ドゥテルテが受けた初の外務大臣だった。

大統領はまた、日本の建設、建設、建設プログラム、平和プロセス、および進行中のラジオでの自治区転換プロセスへの継続的な支援と、フィリピンのコロナウイルス病2019(Covid)への支援について日本に感謝しました。 -19)感染症対応。

日本はフィリピンのコロナ19ファンデミック対応と回復努力に適時支援を通じて「兄弟より近い友人」であることを見せた」と話した。

ドゥテルテ大統領はまた、海洋安全保障、特に海洋領域認識、海洋連結性、海洋環境保存の分野でフィリピンと日本の協力を強化するためのプロジェクトと活動の成功した施行を期待すると述べた。

ドゥテルテと岸田の電話通話は、日本の指導者が議会で首相に再選されてから一週間で行われた。

岸田首相は日本とフィリピンの関係が「ドゥテルテ大統領政権下で鎮静黄金期に達した」と認めた。

彼は、日本政府がミンダナオでフィリピンの平和と開発アジェンダ、建設、建設、建設プログラム、感染症の対応を引き続き支援すると述べた。

岸田首相はまた、政府が海上法執行能力の向上を支援することを含む、海上安全保障の分野でフィリピンと日本のパートナーシップをさらに強化する準備ができていると述べた。

両国首脳はフィリピンと日本が外交・国防長官会談や2+2会談を通じて、より深い安保共助と共助を推進すべき時だということに意見を集めた。

両国はまた、相互合意した時期に訪問交流を行い、フィリピンと日本の仲間関係と個人的友好をさらに再確認することにした。

南シナ海問題、ミャンマー情勢、朝鮮半島情勢、非拡散など地域発展と多国間問題についても意見を交換した。

フィリピンと日本は、今年の修交65周年と戦略的仲間関係強化10周年という2つのマイルストーンを記念しています。

2022年6月30日、マラカナンから退くドゥテルテは来年総選挙で上院議員として出馬する。

READ  「THE W」脱落もゆりやんを「唯一の芸能人」と呼びたい理由(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close