経済

PHL、日本に豚肉、牛肉輸出可能-NMIS

フィリピンは今、信頼できるリスク分析と重要管理基準(HACCP)衛生管理を実装する、東京の認証国リストに含まれた後、豚肉と牛肉を日本に輸出することができます。

国家肉検査員(NMIS)は、5月26日に発表した日本の厚生労働省(MHLW)リストにフィリピン含まれたと述べた。 日本の食品衛生法を引用するとHACCPベースの衛生管理で製造された肉だけ農務省の付属機関であるNMISによると、日本に輸入されることがあります。

「フィリピンは鶏肉を日本に輸出しているが、この新たな認識の結果として今は牛肉、カラビーフ、ポーク、チェボン、ラムとその副産物を日本に輸出することができます。 “

NMISマネージングディレクターであるJocelyn A. Salvadorは、日本のMHLW HACCPリストにフィリピン含まれたのは、東京がマニラの認証システムを「信頼でき、「信頼できることを示しています。

「また、フィリピンの認証システムは、グローバルスタンダードと同等であることを意味します。」とサルバドールは付け加えました。

NMISは認めを考えると、日本が「間違いなく」肉施設のフィリピン認証を今自動的に承諾すると発表した。

NMISは、日本のMHLWがすでに他の肉の商品について、フィリピンで発行した健康証明書を受け入れるように、各検疫に通知したと付け加えました。

2003年以来、NMISは、国際的に認められた科学ベースの体系的なシステムであるHACCPプログラムの義務の適用を国のすべての「AAA」の肉の施設で実施しています。

NMISはその国のすべての肉と肉製品の輸出業者の認証とライセンスを管轄します。 既存の規定に基づいてHACCP認証肉と「AAA」の肉施設の肉製品のみ輸出が許可されます。

フィリピンは、フィリピン統計局(PSA)のデータに基づいて、昨年、日本で1,080万ドル相当の冷凍鶏肉と肉製品を340.467トン(MT)の輸出しました。

韓国は2008年12月に発効されたフィリピン – 日、経済連携協定に基づいて、日本の多くの農産物を輸出することを熱望しています。

マニラはフィリピンのバナナ、日本の輸出に課される関税引き下げを推進しています。 現在、フィリピンバナナは、冬に18%、夏に8%の関税がかかります。

日本はフィリピンで最大の輸出国であり、外国人投資先の一つです。

昨年、フィリピンは日本と17億4000万ドルの貿易黒字を記録したが、これPSAデータによると、2019年に発行された9億9,600万ドルよりも高いものである。

フィリピン対日輸出は、昨年99億ドルで2019年1067億ドルより7%低かった。 一方、日本でフィリピンへの輸入は前年比ほぼ23%減の81億5000万ドルだった。

国家間の総貿易額は昨年185億5000万ドルで、2019年に215億ドルから15%減少しました。

READ  三木谷さん」、いつでもキャリアを乗り換えている時代」、楽天モバイルが転入・転出0円などの「ZERO宣言」を発表 - 携帯電話Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close