経済

PMモディ、東京とのビジネス関係を深める「Japan Week」を提案

ナレンドラ・モディインド首相は5月23日、インドへの投資拡大のために「ジャパンウィーク(Japan Week)」形式でインド開発旅程に対する日本の貢献を祝うことを提案した。 Modiは、34の日本企業の最高経営陣とCEOが出席した日本ビジネスリーダーとのラウンドテーブルを主宰しました。 これらの企業のほとんどは、インドに投資とビジネスを運営しています。 同社は、自動車、電子、半導体、鉄鋼、技術、貿易、銀行、金融など、さまざまな分野を代表すると公式の声明は明らかにした。

首相はツイートで「最高のビジネスCEOに会い、インドで数多くの投資機会を強調した」と話した。 インドと日本は自然なパートナーであると強調し、モディはビジネスコミュニティをインドと日本の関係の大きな可能性を促進するブランドセリフとして高く評価しました。

首相は2022年3月、岸田日本首相がインドを訪問した時、両国が今後5年間、日本に5兆円を投資するという野心的な目標を立てたと回想した。 彼は特に、インドと日本の産業競争力パートナーシップ(IJICP)やクリーンエネルギーパートナーシップなどの経済関係の最近の発展を強調しました。

彼は、NIP(National Infrastructure Pipeline)、PLI(Production Linked Incentive)計画、半導体政策などのイニシアチブについて話し、インドの強力なスタートアップエコシステムを強調しました。 首相は、グローバルFDIの鈍化にもかかわらず、インドは以前の会計年度に840億ドルの記録的なFDIを誘致したと述べた。 彼はこれをインドの経済的可能性に対する信頼投票と呼んだ。

「彼はインドの日本企業のさらなる参加を招待し、日本のインド開発旅程への貢献をジャパンウィークの形で祝うことを提案しました」とリリースは語った。 この会議には、本田モーター株式会社、トヨタモーターコーポレーション、スズキモーターコーポレーション、住友化学工業株式会社、川崎重工業、富士通、日本鋼鉄株式会社、三菱商事などの最高経営責任者が参加しました。

Keidanren, Japan External Trade Organization(JETRO), Japan International Cooperation Agency(JICA), Japan Bank for International Cooperation(JBIC), Japan-India Business Consultative Committee(JIBCC),Invest Indiaなどのインドおよび日本の主要ビジネス機関および組織イベントにも参加した。 モディ首相は、岸田文夫日本首相の招待で4回目の首脳会議に出席するために2日間日本を訪問します。

READ  日本大使が台湾貿易交渉を促す

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close