技術

[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13 “は、”仕事の合間にちょっとゲーム “を可能にする良好な外観を持ってノートPCである

「軽量のノートPCでもゲームを快適に遊ぶ」というのは、最近のモバイルノートPCのアピールポイントで必ず付きまとうだ。モバイルPC用低消費電力プロセッサの性能が向上され、ゲーマーと旧ない一般消費者PCでもゲームタイトルに応じてある程度快適に楽しむことができるようになった。
このような流れに先立ち、高性能薄型ノートPCというジャンルを牽引してきた製品の一つは、Razerの “Razer Blade Stealth」シリーズがある。特に、2019年モデル以降はシングルGPUを搭載したモデルもラインアップしたことで、薄くて軽くて高性能というモバイルノートPCとゲーマー向けノートPCのいいとこ取りを実現してきた。

Razer Blade Stealth 13
メーカー:Razer
お問い合わせ先:Razerサポート
メーカー直販価格:23万8909円税込26万2800円2020年12月25日現在)
画像集#002サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

2020年11月に国内発売された13.3インチサイズのノートPC “Razer Blade Stealth 13「(以下Blade Stealth 13)の2020年後半モデルは、CPUの開発コード名 “Tiger Lake「理科のノートPC用「11世代Coreプロセッサー」(以下、開発コード名表記)を採用することで、既存の製品より性能を強化したことが見どころとなる。
今回はBlade Stealth 13 2020年後半モデルの特徴を紹介し、最新のCPUの採用によりどのよう性能が向上したことを確認したい。
 
 

新たに解像度1920×1080ドットの有機ELディスプレイ搭載モデルを用意

Blade Stealth 13 2020年後半モデルは解像度1920×1080ドットの有機ELモデルをラインナップする
画像集#003サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

最初はBlade Stealth 13 2020年後半モデルの国内ラインナップを説明します。
前世代となる2020年上半期モデルは、解像度3840×2160ドットの4Kタッチ液晶ディスプレイ搭載モデル(以下、4Kモデル)解像度1920×1080ドットで垂直最大リフレッシュレート120Hz対応モデル(以下、フルHDモデル)を用意していた。 2020年後半モデルはフルHDモデルは継続しているが、4Kモデルは、解像度1920×1080のタッチ有機ELディスプレイ搭載モデル(以下、有機ELモデル)を新たに追加した。 今回の評価に用いたのも新製品の有機ELモデルである。
ディスプレイのラインナップとCPU以外の仕様は従来モデルとほぼ変わらない。
 

表1 Blade Stealth 13個の主要なスペック
有機ELモデル フルHDモデル
CPU Core i7-1165G7(4C8T、固定フレーム2.8GHz、最大4.7GHz、合計L3キャッシュ容量12MB)
メインメモリ LPDDR4x 3733MHz 16GB
GPU GeForce GTX 1650 Ti Max-Q(グラフィックスメモリ容量4GB)
ストレージ SSD(容量512GB、PCIe x4接続)×1
ディスプレイ 13.3インチの有機EL、解像度1920年×1080、60Hzはタッチ 13.3インチ液晶、解像度1920年×1080、120Hz表現
無線LAN Wi-Fi 6(Intel Wireless-AX 201
有線LAN 非搭載
ブルートゥース 5.1
公称本体サイズ 304.6(W)×210(D)×15.3(H)mm
公称本体重量 約1.48kg 約1.42kg
それほど 64bit版Windows 10 Home
直販価格(税別) 23万8909円
(税込26万2800円)
21万9091円
(税込24万1000円)

 
自己発光方式の有機ELパネルは、黒の表現が優れていることがよく知られている。 液晶パネルは、黒のシーンや物事を見ていても、バックライトの光がかすかに白く透けてしまうのだが、一方で有機ELパネルは、黒い部分が本当に黒いものである。 実際Blade Stealth 13の有機ELモデルで映像を見ると、引き締まった黒を体感することができる。

本体の角度を変えて、視野角による表示の変化を検討した結果、黒い部分が白くされず、契約している
画像集#004サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13 画像集#005サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13 画像集#006サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

一方、垂直最大リフレッシュレートは60Hzであるため、eスポーツタイトルなど、景気ができるゲーム専用というよりは暗いシーンが多いアクションゲームやアドベンチャーゲームに適したものとみなす。 特に夜の街を舞台にしたゲームとの相性が良さそうだ。 一方、高いリフレッシュレートの表示を重視する人は120Hz表示対応のフルHDモデルを選択するのがよいだろう。
 
 

薄型ノートPCでもTiger Lakeの性能を最大限に設定を行う

 

Tiger Lake数11世代Coreプロセッサの採用がポイントだ
画像集#007サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

前述したように、Blade Stealth 13の最も重要な変化は、Tiger Lakeの採用である。 Tiger Lakeは、従来のIntelの10nm製造プロセスを拡張した「10nm SuperFin」を採用した最初の製品である。 10nm SuperFinトランジスタに大きな改善を与えることで、10世代Coreプロセッサで使用していた10nmプロセスと比較して約18%の性能向上を実現したという(関連記事)。
 
Blade Stealth 13が採用されるCPUはTiger Lakeの4コア8スレッドモデル “Core i7-1165G7」である。IntelはTiger Lakeからプロセッサの放熱能力を表現するのに、TDP(Thermal Design Power、熱設計消費電力)の代わりにOperating Range(動作範囲)という言葉を使うようになった。Tiger Lakeは、既存のTDPのように定格値を決定するのではなくPCメーカーがケースの熱設計に応じて、一定の範囲内で、消費電力の枠を決定することができるようになっているしたがって、同じCPUを採用したノートPCにも、例えば、強力な冷却機構を採用して許容電力を高め、パフォーマンスを引き出すか、消費電力を抑える代わりに、新しい薄型化を実現するなど、メーカーの設計思想を色濃く反映したPCを作りやすくなったわけだ。
Core i7-1165G7はOperating Rangeが12W〜28Wの間で調整が可能ですが、Razerは、Blade Stealth 13で最大値である28Wに設定したものである。 薄型ノートPCでも性能は妥協しないRazerの姿勢が伝わってくるポイントといったところだろうか。

Blade Stealth 13は、本体下部のメッシュで覆われた開口部(写真左)で、2つの冷却ファンで空気を取り込み、ヒンジ付近にある排気口(写真右)から排出加熱
画像集#008サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13 画像集#009サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

またTiger Lake、新開発の統合型グラフィックス機能(統合GPU) “Iris Xイジャヒョン Graphics」も見どころの一つだ(関連記事)。 10世代Coreプロセッサの統合GPUに比べて2倍という大幅な性能向上を実現している。 しかし、Blade Stealth 13より強力な性能を備えた団体GPU「GeForce GTX 1650 Ti Max-Q」を搭載するので、このゲームに限って言えば、統合GPUを積極的に使用する場面は少ないだろう。

ケースのデザインは従来モデルと同様に

ゲーム以外のシーンでもおなじみの

続いてBlade Stealth 13の様子を確認したい。 まずケースであるが、既存のモデルとの顕著な違いはない。 実測本体サイズは約305(W)×210(D)×15(H)mm(※突起部を除く)で、実測重量は約1.47kgであった。

約15mmという厚さが引き立つBlade Stealth 13の小さな袋にも軽く収まるサイズだ
画像集#010サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

ビジネスノートPCも十分通用する落ち着いたデザインを採用
画像集#012サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

Blade Stealth 13は、単一のGPUを搭載したノートPCとしては最軽量級であるが、ケース素材アルミニウム合金を採用しているため、マグネシウム合金などの比重の軽い素材を利用したモバイルノートPCよりも少し重ためである。 しかし、アルミニウム合金特有の高い剛性感や美しい質感は魅力的だ。 直線で構成されたシンプルな形状とマット落ち着いた塗装して、どこにでも馴染む洗練されたデザインになっている。

ゲーマーのための製品といえば、LED照明に代表されるカラフルなデザインが注目されてがちですが、ノートPCは姿が違う。 一部のハイエンド市場製品で外部連携の味あふれるデザインとLED照明を採用していることはあるが、2020年には全体的に落ち着いたデザインの製品が主流をなしている。
一部のPCメーカーに話を聞くと、高い性能を備えたゲーミングノートPCゲームだけでなく、他の趣味と仕事でも活用しようとする要求が増加しているという。 このような要求を推測例えば、オフィスやカフェなどでも一致する製品が登場しているということだった。

Blade Stealth 13の天板のロゴは、レーザー刻印で光らない。光が当たる角度によって軽く確認することができ
画像集#011サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

Blade Stealth 13はまさにそのような最近のデザインを先取りするノートPCである。 天板は、レーザー刻印されたブランドマークがあるだけで輝くキーボードだけである。 家庭にとどまらず、さまざまな場所で使いやすいデザインであることは利点とすることができる。
 
今回検証したBlade Stealth 13のキーボードは10キーレスの日本語配列キーボードである。[@]キーと[|]キーなど右キーが小さく、少し窮屈に感じる人もいるかもしれない。 ただし、歪んだキー配置がないので、慣れで許容範囲に入る程度という印象だ。

Blade Stealth 13の日本語配列キーボード右のキーが小さい以外は標準的なキーボードである
画像集#013サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

SynapseのLEDバックライトの発光色と発光パターンを設定することができ
画像集#014サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

キーストロークは浅いですが、しっかりと押している感じが打鍵感良好である。 また、Razerの総合設定ソフトウェアである「Razer Synapse 3 ‘(以下Syの上にpse)で、LEDバックライトの発光色と発光パターンを設定することができる。

右上に電源ボタンがあり、[Backspace]キーとDeleteキーを押すと、誤って押してしまうことが気になるかもしれない。 ただし、実際に試してみたところ、思わず触れ程度押した状態で、何も起こらずに長くする必要がスリープモードに切り替えることができなかったので、間違って入力対策を実施しているようだ。
 
インターフェース類は、左右の側面にあるUSB Type-Cポートがすべて「Thunderbolt 4 ‘対応であることがポイントだ。Thunderbolt 4は、従来のThunderbolt 3だけでなく、USB4やUSB 3.x系、DisplayPort、PCI Expressとの互換性を持つ高速I / Oインタフェース規格である。詳しく知りたい人は、関連記事を参照してください。

READ  Spotify、iOS / Androidのための新しいグリッド表示、動的フィルタなどで新たにデザインされた「私のライブラリ」発売
Blade Stealth 13の左側面写真左からThunderbolt 4、USB 3.1 Gen 1 Type-A、4極3.5mmミニピンヘッドセット端子は配置されている
画像集#015サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

Blade Stealth 13の右側面写真左からUSB 3.1 Gen 1 Type-A、Thunderbolt 4と並ぶ
画像集#016サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

今まで、Thunderbolt 4対応デバイスは、限定されているが、Thunderbolt 4接続をサポートしている外付けグラフィックボックスやポータブルSSDなどの製品が登場したときにすぐに利用できるのは魅力だとすることができる。

また、Thunderbolt 4はThunderbolt 3のようにUSB Power Delivery(以下USB PD)用電源と電源供給を行うことができる。 つまり、USB PD対応ACアダプタによるBlade Stealth 13の電源供給が可能ということだ。 Blade Stealth 13は、単一のGPUを搭載していることもあって、定格出力100Wの大型ACアダプタが含まれており実測重量は約481gでも、一般的なモバイルノートPCのそれと比較して少し重い。

Blade Stealth 13に含まれているACアダプタ
画像集#017サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

付属のACアダプタよりも出力が低いアダプタを接続すると、写真のような警告が表示されます問題なく充電することができる
画像集#018のサムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

「付属のACアダプタを常にバッグに入れておくのはちょっと大変」という人は、非常用小型のUSB PD対応アダプタを用意しておくといいだろう。運動の65W出力のUSB PD対応アダプタBlade Stealth 13に接続したが、付属ACアダプタの使用を推奨する警告が出てくるが、バッテリーの充電は可能だった。しかし、ゲームや動画編集など負荷の高い作業をすると、電源が追いつかないことができるほか、CPUとGPUがフルパワーで動作しない場合がありますので、注意が必要である。

Blade Stealth 13の性能を検証する。薄型ノートPCでもゲームが実際に

ここでは、Blade Stealth 13の性能を簡単なベンチマークテストで検証してみましょう。 Blade Stealth 13 2020年後半モデルのポイントは、やはりTiger Lakeの採用により、ある程度の性能が向上したかという点である。 だからドライバソフトウェアのバージョンが異なるため、正確な比較がされていないことを勘案したうえで、2020年上半期モデル検証結果を参照して、確認したい。
テストに使用したのは、3Dグラフィックスベンチマークソフトである「3DMark」と「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズベンチマーク」(以下FFXIV漆黒のヴィランズベンチ)の二つだ。
それぞれのテストでSynapse 3の「パフォーマンスモード」設定でのパフォーマンスを中心の “ゲーム”消費電力と低騒音を重視した「バッテリーセーバー」二人の間を取った「バランス」という3つの動作モードを切り替えて検証した。

まず3DMarkのDirectX 11のテスト」Fire Strike」とDirectX 12のテスト “Time Spy」の結果をまとめたものがグラフ1ある。 バランスを基準に見ると、ゲームは5%前後の性能向上、バッテリーセーバーは、7〜10%程度のパフォーマンスの低下を確認できた。 また、2020年上半期モデルの総合スコアと比較すると、ゲームから約4%のバランスから約6%、バッテリーセーバーで5%〜10%の性能向上を確認できた。

画像集#025のサムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

続いてFFXIV漆黒のヴィランズベンチ結果をまとめたものがグラフ2となる。
 

画像集#026のサムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

 
すべての結果のスクウェア・エニックスが「非常に快適」の基準とする「7000」を大きく上回った。 4Gamerのベンチマークレギュレーション平均9000以上を快適に遊べる基準に定めている。 最高の品質は、ゲームとのバランスにこれをオフにして、バッテリーセーバーから9000まであと一息というところまで迫るほどだ。 薄型ノートPCで「ゲームを楽しむことができ」というレベルで、「快適にゲームを楽しむことができ」という領域に入ってきたのは、正直驚いた。
2020年上半期のモデルと比較すると、ゲームで70-10%程度のバランスは6〜16%程度、バッテリーセーバーで15〜26%程度の大幅な性能向上がされた。 Tiger Lake採用の効果は非常に大きいとすることができる。

また、テスト中にGPUに高負荷がかかるため、ファンが全開で動作しますが、それでも鋭いファンの騒音が少し聞こえる程度であった。 Blade Stealth 13の内蔵スピーカーでゲーム音声を流す、またはヘッドセットを使用する分には全く気にならないだろう。 仕事など普段使用をするのにもファンの音が小さいのは嬉しい。

Blade Stealth 13 FortniteとFall Guysプレイ

その後、実際にBlade Stealth 13 “ポートナイト“と”Fall Guys: 究極のノックアウト「(以下Fall Guys)をプレイして、ゲームの性能を確認したい。FortniteマウスをFall Guysは、ゲームパッドを別途用意してプレイしている。

テストに使用したFortnite設定
画像集#023サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

まずFortniteからである。 ゲーム内のメニュー “画面”にある “グラフィッククオリティ”の “品質の自動設定」を利用して、レンダリング設定をした。
解像度1920×1080でバトルバスから降りるしたときや建物が密集している、いくつかの場面でフレームレートが30〜40fpsに低下することがありますが、概ね50〜60fpsを維持しながらプレイすることができた。 設定を少し落とすことで、60fps覆うも実現することができるようだ。 また、ディスプレイの垂直同期をオフにすると60fps以上のフレームレートも実現可能だが、階層化などの表示の乱れが発生することがありますので、私はあまりお勧めしない。
 
参考までにGeForce Experienceを使用して録画したプレイ動画を掲載する。 ここではフレームレートが大きく低下することができるので、解像度を1600×900ドットに設定してプレイした。


テストに使用したFall Guys設定
画像集#024サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

続いFall GuysはGeForce Experienceの最適化設定を使用してレンダリング設定をした。 ほとんどの場面で60fpsを維持し快適にプレイすることができる。 こちらも録画したプレイ動画を上げておこう。

「仕事の休憩ゲーム」がより容易になったBlade Stealth 13

画像集#021サムネイル/[PR]11世代Core搭載の「Blade Stealth 13

まとめに入ろう。 Blade Stealth 13の魅力があるのは、まずデザインだ。 洗練された落ち着いたデザインは、職場で使用していても違和感がない。 約1.5kgという重量と、どのシーンでも取ることは大きな武器だ。
 
また、Blade Stealth 13 2020年後半モデルでは、Tiger Lakeの採用によるパフォーマンスの向上がポイントである。 描画負荷が高い大作ゲームを高画質設定で……というのは難しいが、描画設定を上げても快適にプレイできるゲームは、この製品に増えたのだ。 作業などの作業の若干の間にFall Guysや “私たちの中に“のようなゲームをカジュアルに遊ぶには非常に適した製品とすることができる。
 
今回の評価機は、垂直最大リフレッシュレート60Hz表示対応の有機ELモデルなので、eスポーツ系のFPSタイトルをプレイするには、残念な部分がある。 このタイトルで快適なプレーを重視する場合は120Hz表示に対応したフルHDモデルを選択するといいだろう。 また、今回のレビューでは説明しません、Razer本物外装グラフィックボックス “Razer Core X」シリーズを活用して、新しいゲームのパフォーマンスを追求する図である。
 
Blade Stealth 13日や趣味、ゲームまで幅広くカバーすることができる製品である。 様々なシーンを一つのPCに対応したいという欲人にお勧めだ。
 
著作権2019 Mediatonic。 すべての権利を保有。
(C)2020、Epic Games、Inc.

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close