Prannoy, Satwik-Chirag, チャイナマスターズ 8強進出

Estimated read time 1 min read

エース・インディアン・シャトラーHS Prannoyとアジアゲームの金メダルを獲得したSatwiksairaj RankireddyとChirag Shettyが、木曜日に開催されたChina Mastersバドミントントーナメントで、それぞれの種目で8強に進出した。

男子シングルスで唯一生き残ったインド人である世界選手権の銅メダリストプラノイ(Prannoy)は、正確に40分間行われた第8戦の試合で、デンマークのマグナス・ヨハネセンに対して21-12、21-18の快適な勝利を記録しました。

ここで8番シードを割り当てられたPrannoyは、最後の8ラウンドで3回シードを受けた日本の奈良岡小台と対決することになります。

Prannoyに加えて、世界5位で上位シードのSatwikとChiragも男子ダブルス8強に進出し、日本のデュオKoga AkiraとTaichi Saitoを21-15、21-16に破り、インドの国旗を繰り広げ続けました。

次に、Leo Rolly CarnandoとDaniel Marthinのインドネシアの組み合わせをプレイする予定です。

Johannesenに対して、Prannoyは明るい雰囲気から始め、Daneが8-6に減った後、最初のゲームで6-1リードでレースするために彼の賢明なプレイを使用しました。

しかし、インディアンは彼のすべての経験を活用し、相手を長いラリーとして参加させ、彼を疲れさせ、最初のゲームに成功しました。

2回目の試合は、両方のシャトラーが15点まで必死に戦った。

この記事は、購読者にのみ提供されるプレミアム記事です。 毎月250以上のプレミアム記事を読むには

無料記事限度をすべて使い果たしました。 良質のジャーナリズムを支持してください。

無料記事限度をすべて使い果たしました。 良質のジャーナリズムを支持してください。

これが最後の無料記事です。

READ  高橋、スケート優勝リストにアイスダンスタイトルを追加
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours