技術

PS5、PS4のPS1ゲームにはCRTフィルターなどがあります。

ソニーがPS1ゲームをPS5とPS4に PSプラスプレミアム、私達はそれを信じなかった。 それから、 確認されたとき、我々は絶対最小値を期待した。 したがって、すべての信用は実際に日本の巨人に戻ります。 すごい 私たちの期待:巻き戻し、戻る、 いくつかのトロフィーでさえ 含まれています。 そして今 ゲームがアジアでリリースされ始めました。詳細があります。

ほとんどの最新エミュレータと同様に、PS1タイトルにはさまざまな表示オプションがあります。 これには、デフォルトの解像度、16:9の場合は4:3、さらには何らかの罪人の場合に拡張される機能も含まれます。 Default、Retro Classic(これは事実上 CRT です)、Modern など、適用できる 3 つのフィルタもあります。 最後のオプションが何をしているのか完全にはわかりませんが、以下はいくつかの比較です。 オードワールド:安倍のオディッシュさんがアップロードしました BrokenSwiftie時代のリセット:

基本

ビデオ: BrokenSwiftie

レトロクラシック

詩 1 2
ビデオ: BrokenSwiftie

現代

詩 1 3
ビデオ: BrokenSwiftie

一般的に、ここで利用可能なさまざまなオプションに非常に満足しています。 ソニーがきちんとしたことをしたようです。 当社で述べたように リッジレーサー2スクリーンショット 物語、私たちはまだ より これらのゲームは確かな結論を出すために動いていますが、これまでは状況がかなり良く見えます。

READ  エピックゲームズ「ポートナイト」、中国で11月15日サービス終了

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close