技術

PS5のDualSense用のLinuxドライバをソニーが正式に提供 – GIGAZINE



ソニーがPS5コントローラ」DualSense」のLinux用のドライバを公開しました。USB・Bluetoothモードで使用できるタッチパッドとLED、加速度センサー、ジャイロスコープの動作にも対応しています。

ソニー、PlayStation 5 DualSenseコントローラ用の公式Linuxドライバを発表-Phoronix
https://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=Sony-HID-PlayStation-PS5

PS5の「DualSense」は、トリガの緊張をシーンに合わせて変化させる “適応トリガー“と豊富なハプティックフィードバックなど最先端の機能を備えたコントローラです。すでにPS5だけでなく、PCとAndroidでも利用可能で、ゲームプラットフォームSteamもサポートが行われています。

PS5コントローラをPCに接続してSteamゲームをする方法 – GIGAZINE


ソニーは、自社のデバイスのLinux用については、すでに「hid-sony “ドライバをカーネルに提供したが、今回発売されたDualSenseのLinux用のドライバは、「hid-playstation」というhid-sonyは、他のドライバーに用意されているという。 記事の作成時点ではUSB・Bluetoothのどちらでも接続可能であり、タッチパッド、LED、加速度センサー、ジャイロスコープの動作などをサポートします。 「適応トリガー」や「ハプティックフィードバック」などDualSense固有の機能については、まだ対応とのこと。

PS5専用コントローラ「適応トリガー」が前例のない素晴らしい経験を提供していた場合、海外メディアが絶賛 – GIGAZINE


また、記事の作成時点では、ドライバは、Linuxカーネルのメインラインにマージされていないので、自分でパッチカーネルを構築する必要があります。 パッチは、13ファイルで、次のURLから入手することができます。

Linux入力メーリングリスト – パッチワーク
https://patchwork.kernel.org/project/linux-input/list/?series=404369

水中Ubuntu 20.10で記事作成時点の最新バージョンであるLinux 5.10.2上記のパッチを適用して、「bindeb-pkg “コマンドを実行して、カーネルを構築してみたところ、ビルドは成功しますが、「hid-playstation”カーネルモジュールが生成されずドラ​​イバを使用することができません。

また、LinuxにインストールしたSteamでドライバがなくても「PlayStation 5コントローラ」として認識され、通常のキー操作やLEDの調整、振動などができました。


この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
Steamをお持ちのすぐPS5専用コントローラ」DualSense “サポート – GIGAZINE

PS5コントローラをPCに接続してSteamゲームをする方法 – GIGAZINE

PS5専用コントローラ「適応トリガー」が前例のない素晴らしい経験を提供していた場合、海外メディアが絶賛 – GIGAZINE

「PlayStation 5 ‘を実際に遊んで見レビューは、4K HDR美麗グラフィック&DualSenseのリアルな振動を楽しむことができる – GIGAZINE

「プレイステーション5(PS5)」の新しいコントローラ「DualSense “写真と新機能を公開 – GIGAZINE

READ  古いApple TVを買わないでください

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close