エンターテインメント

PS5ゲームはまだ、日本の小売店でよく売れない

在庫が徐々に多く使用可能になり、PlayStation 5は、日本で多くのよく売れています。 まだ特に素晴らしいではありませんが、ハードウェアユニットの側面から発売が合わせたときPS4とPS Vitaを超えた現在Nintendo Wii Uに沿っています。 世代序盤にミーム。

問題は、ソフトウェアが全く売れないということです。 少なくとも小売店では、そうではない。 明らかに、ここで重要なコンテキストがあります。 Famitsuの この記事のベースとなるデータには、実際の販売のみが含まれるため、このようなゲームがデジタルよりよく販売されているかどうかはわかりません。 明らかに、全世界のトレンドは、ゆっくりと PSストア、これはここで重要な点です。

それにもかかわらず、Final Fantasy VII Remake Intergradeは20,889台湾の管理している。 これは、元PS4ゲームの中古のコピーを選択してアップグレードすることができますので、実際にはそれほど悪くありません。 多くの精通したゲーマーがそう確信しています。 Ratchet&Clank:Rift Apartは14,663ユニットのみ招集することがありました。 良くありません。

一方、Guilty Gear Striveの次世代バージョンは、上位10位以内に入ってもいません。 PS4版は11,722台湾の販売された。 これ脈絡に合わせるためにNintendoの新しいゲーム制作ソフト ゲームビルダーガレージ 71,241通りデビューした。 もちろん、はるかに優れたインストールベースを持つ多くの人気のあるプラットフォームではなく違いを確認することができます。

ここでの問題は、PS5が実際に日本で完売されて、ハードウェアを簡単に入手できるとは異なるものです。 ただし、インストールベースが現在100万台に近づくと、コンソールがスケルポによって購入され、アジア全域に配送される可能性があります。 ソフトウェア番号が全くよくならないことだからです。 少なくとも小売店では、そうです。

READ  オリンピックは、日本のLGBTQ活動家たちに希望を与えました。 しかし、古い偏見は死ぬ。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close