技術

PS5コントローラDualSense分解動画新機能」の適応トリガー」の構造が明らかに – Engadget日本版

ソニー

プレイステーション5は、ソニーによる公式分解動画が話題になりましたが、今回は新型コントローラDualSenseが分解されています。

といっても今回は公式ではなく、ゲーム機の修理業者TronicsFixによるもの。 デュアルセンスの新機能である「触覚フィードバック」「適応トリガー」の部品や構造、PS4デュアルショック4よりも大きい大容量になったバッテリーなど、今まで知られていなかった内容を確認することができます。

目立ったところを挙げれば、

  • DualShock 4よりバッテリ容量もかさばるも大きい。 新機能触覚フィードバックと適応トリガー、マイクなどの部品も増えて複雑になっている。

  • グリップ部分の振動子にはポスター作成した新しい部品。 デュアルショック4は、単純な偏芯錘を返しブルブルさせるモーターであったことに比べて、デュアル感覚はより鋭く繊細な動きを再生することができる「触覚フィードバック」のアクチュエータを搭載。 位置は同じである。

  • アナログスティックのスイッチは、同じアルプス製。

  • 適応トリガーは傾斜ギアとネジ歯車を組み合わせた構造(ワーム)。 ねじ歯車をモータで制御することで、LRトリガーの米(回転)の抵抗を動的に変更する。

  • 新設の部品を含む部分は、かなり細かくモジュール化して修理業者と保証無効上等では、ユーザー管理は、容易なこと。

PS5 DualSenseコントローラ適応型トリガー

TronicsFix

適応トリガーは、既存一定の抵抗だったLRトリガーの重量・硬さを動的に変えることができる機能。 軽い反応(指我慢?)と重い選択だけでなく、ゲーム内のアクションの状況に応じて、プログラムに受けている途中にも可変することができるのが特徴です。

たとえばリアル系なら弓を強く引き絞るは段階的に強い力が必要になる、など。 またはラチェットアンドクランク新作はダブルバレルショットガンは軽く引き金を引くと、一方バレルから強く引き抜く場合も、同時に発射するなど、これまで、もう一つのボタンで切り替えていたような機能もトリガーだけすることができます。

PS5だけという販売は繰り返すと、PCでもXboxでも任天堂でも採用できず、多くの母数を狙いたい、サードパーティのゲームで導入が進んでいないことにもなることがありますが、「適応トリガー」「触覚フィードバック」と、すでに他社を含む多くのゲームでの活用が予告されています。

たとえばPS5とPC用に発売予定のDeathloop(マイクロソフトに買収されベセスダ/ Arkane Studios製)は、銃が詰まっトリガが物理的に途中で止まる演出で導入する予定です。 また、Take-TwoのNBA 2K21は抵抗の強弱を使用してプレーヤーの疲労を再現。 体力が中には軽く操作することができることが、疲れ応じ本当にトリガーが重くなるというゲーム内のキャラクターとプレイヤー斬新な方法で一体感を与えます。

PS5ゲームは何が変わる?開発者が語るコントローラの新機能の活用法

今当たり前になった振動機能もなく、遊びて省略し、なければ惜しい機能があります。 適応トリガーも触覚フィードバックもファーストパーティゲームとPS5排他的なゲームでの活用はもちろん、導入しやすい開発者サポートがあれば、むしろマルチ作品をDualSenseがあるので、選択する理由になることができません。

READ  Fire TV Stick(第3世代)とEchoを買う絶対しなければなら「ホームシアター」の設定。 映画館の音が手に入る! | ハイパーガジェット通信

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close