技術

Quadは台湾をどこまでサポートできますか? – 外交官

中国がインド太平洋地域での軍事的影響力を強化することで、地政学的課題は台湾と四国間の安全保障対話(Quad)加盟国であるオーストラリア、インド、日本、アメリカを含む地域国家にとって大きな負担となりました。 台湾とクワッドは、中国が地域覇権を追求し、ルールベースの国際秩序に長期的な挑戦を提起することができるため、互いに絆を強化する理由があります。

実際、地域の利害関係者が侵略に対処できない場合、北京は地域の強大国を倒し、インド太平洋で覇権を確立する可能性が非常に高いです。 特に台湾の場合、中国の指導者が中国とのバランスをとる上で、Quadの間違いなく対応をグループと中国の間の関係を改善し安定させるための譲歩と見なすと、中国は脅威と脅威を追求する可能性がはるかに高い。

Quadは中国の行動を予測する際には慎重でなければなりません。 本質的に、台湾がそのリストの最前線のいわゆる中核的な利益に関して中国の譲歩を期待することは非現実的です。 習近平中国国家主席は 主張 台湾との「統一」は「中国共産党の歴史的使命であり、確固たる約束」だ。 台湾海峡で中国の挑発行為など 軍用航空機侵入 台湾の防空識別区域に進入し、軍艦が台湾海峡を通過するようにすることは、海外に軍事力を投射できる中国の能力を示し、台湾に対する支援について地域列強にあらかじめ警告するためのものです。

さらに、ウクライナに対するロシアの戦争は、中国が露骨な侵略を追求するように煽ることができます。 その可能性は希薄ですが見落とされてはいけません。 したがって、台湾と中国の間の深い凍結は、長年のデッドロックから対決または軍事的対話に移り、両国関係の改善の可能性がほとんどない状態で継続または深化する可能性があります。

自由民主主義が主導的だから 共有価値 クアッドメンバー中台湾の安保1位」完全な民主主義エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(Economist Intelligence Unit)によると、アジアでは8位、世界8位はグループの最優先事項となります。 合理的に、中国が台湾を武力で占領することに成功すれば、台湾の民主主義の転覆は中国の権威主義モデルの勝利を示し、アジアでウクライナのような危機を引き起こす可能性があります。 本質的に台湾の安全保障を強化することは、クワッドがインド太平洋地域の民主主義を支援し、中国の侵略を相殺するという「約束」を達成するのに役立ちます。

この記事が好きですか? フルアクセスを購読するにはここをクリックしてください。 1ヶ月に5ドルを支払うだけです。

Quadメンバー間の強化された絆は、中国が台湾を侵攻する意図を再考することを可能にします。 グループ化は 強化された絆 外交関係を強化し、貿易拡大を促進し、加盟国間の情報共有ネットワークに協力することで、それ自体内で。 インド太平洋地域の「安定と繁栄を促進する」ために、ブロックは特に強化された地域インフラと更新された海洋モニタリングを通じて、中国の活動に対する監視能力を強化しようとしました。 プログラム。 COVID-19ワクチン、インフラ支援と投資、海洋領域認識、気候変動、重要技術などの「実用的な領域」で協力を強化するための最近の試みに続いて、Quadは バランスウェイト 北京の成長する経済および軍事力へ。

しかし、中国の降圧にバランスをとる問題に関して、Quadの努力にはまだ欠陥があります。 コンサルティングのための非公式フレームワークでブランド化し、ラインのための力「この地域に実質的な利益をもたらすこと」を目指すQuadは、正式な同盟 アジアNATO、価値ある「筋肉政策」が不足しているからです。 また、Quadは 批判 それが実質的なものよりも象徴的であると信じているいくつかの観察者から、そして中国は最初にそれを 「海の泡」 散らばります。

したがって、ナンシー・フェロシミ下院議長が計画された台湾旅行を推進する場合、中国が深刻な結果をもたらすと警告したため、軍事的危機や衝突が発生した場合、クワッドが台湾をどれだけ支援できるかを調査する価値があります。

するか クワッド 喜んで また台湾?

台湾のサポートに対するQuadの認識は一致しません。 去る5月岸田文夫日本首相 下線付き 「台湾海峡の平和と安定は日本の安全保障だけでなく、国際社会の安定のためにも重要です。」 彼はまた促した。 調整された対応 中国の「現状維持を武力に変えよう」という試みに反対するために、ブロックから。 最近日本の 2022年国防白書 彼は台湾を東京の「非常に重要なパートナー」とし、台湾をめぐる安保を「緊急の心で綿密に監視しなければならない」と強調した。

一方、ジョー・バイデン米大統領は 誓い 米国は公式に「一つの中国」の立場を固守しているにもかかわらず、中国が台湾を侵攻する場合、軍事的に台湾を防御するためのものだ。 台湾関係法の後、アメリカは 台湾を助けてください 少なくとも「自分を守るための軍事的手段」を付与することによって。 シャングリ・ラの会話でロイド・オースティン米国防長官 呪われた 中国政府は台湾近くで挑発的な活動を繰り広げており、「台湾国民の安保や社会、経済体制を危うくすることができる武力の使用やその他の形態の降圧に抵抗する」というワシントンの約束を強調した。 そして米海軍の戦艦は最近 航海 台湾海峡を通じて台湾への支援を示し、ワシントンの「自由で開かれたインド太平洋地域への約束」を示しています。

台湾の支持を表明するために、Anthony Albaneseオーストラリア首相は最近、次のように確認しました。オーストラリアの立場に変化はない台湾の安全保障に関して。 今後はキャンベラがスピーチをする可能性が高い。 オーストラリアと中国の関係は、主に中国のオーストラリア経済の降圧によって悪化し、キャンベラはオーストラリア、イギリス、米国間の安全保障協定であるQuadとAUKUSとの緊密な参加をもたらしました。 キャンベラと台北の貿易関係は、オーストラリア人がますます増えています。 好意 台湾を守るオーストラリア。 しかし、「1つの中国政策」へのオーストラリアの約束は、まだキャンベラが潜在的な中国の台湾侵攻に軍事的に介入するのを防ぐ障害物として機能する可能性があります。

そして、台湾をまだ公的に承認していない唯一の加盟国であるインドがあります。 インドにとって、台湾の重要性は政治的よりも経済的です。 インドの指導者たちの目にニューデリーは、中国との開発パートナーシップを放棄すると否定的な影響を受けるでしょう。 本質的にインドと中国は発展途上国のためのBRICSプラットフォームであり、アジア安保グループである上海協力機構(SCO)の加盟国として「グローバル経済制度改革を支持」しています。 分ける 「多極グローバル秩序に対する共通のビジョン」 実際、インドはニューデリーと北京の関係を弱める対価として台湾を口頭で支持するようには思えません。

これまで台湾はQuadの議題から依然として上位項目からは遠い。 Quadが台湾のサポートを提供している場合、次のような結果が発生する傾向があります。 悪化する関係 北京で。 グループによると、世界の強国に向けた中国の上昇は、北京の台北占領よりも懸念されることです。 合意に基づく視点の代わりに、Quadは以下を維持します。 幅広い展望 島へ。 「Quad plus Taiwan」形式でQuadと台北の間の正式な協力を目撃することを望む理由はほとんどありません。

それにもかかわらず、台湾は政治的および経済的にインド太平洋地域で重要な役割を果たしていることを確認しました。 として奉仕することに加えて 民主的中権力 アジア太平洋地域とインド洋と太平洋を結ぶ戦略的ハブである台湾は、特に以下の点でQuadの重要なパートナーとして浮上しました。 経済協力。 専攻として ホイール 世界のハイテク製造分野では、台湾は「サプライチェーンの回復力の取り組み「インド太平洋地域のサプライチェーンの混乱を解決するため、インド、オーストラリア、日本が提案しました。台湾の重要な役割」しきい値ノードグローバル半導体サプライチェーン内でも、グループと中国との関係が悪化している状況で、Quadにとって戦略的に重要です。 戦略的に重要な役割のため、Quadは台湾を支援するのに十分な理由があります。

この記事が好きですか? フルアクセスを購読するにはここをクリックしてください。 1ヶ月に5ドルを支払うだけです。

次は何ですか? クワッド 台湾で 問題?

地域全体で台湾の重要性を考えると、クワッドは中国の台湾の脅威を台湾海峡だけでなく世界中に影響を与える可能性のある災害的なシナリオとして扱うことが不可欠です。 クワッドを合法化し、制度化されたメカニズムに転換し、台湾との具体的な戦略的相乗効果と国防協力を発展させる共同の試みを含め、4カ国が積極的な措置を講じる必要があります。

その対価として、台湾は島民主主義と対話とコミュニケーションを始めるようにクワッドを説得することでオナニー能力を強化し、地域で重要な外交カードで自らを証明しなければなりません。 また、台湾は現在の新南方政策を2.0バージョンにアップグレードし、新南方政策をはじめとする同様の考えを持つ中堅国との関係を強化することで、地域国家とのソフトパワー参加レベルを高めるなど、インド・太平洋地域で主導的な役割を果たす必要があります。 ニュージーランド、インドネシア、マレーシア、ベトナム。

両側にこれらの推奨措置を考えると、Quadと台湾は中国が台湾に強い影響力を発揮できるだけでなく、比較的小さな他のインド太平洋諸国を脅かします。 概して台湾の安全保障を当然としてはいけません。 間違いは、途方もない結果をもたらす不注意な決定になります。 価値基盤と地政学的戦略の中で 分ける 民主主義国家と独裁国家の間で、Quadと台湾は、抑制を適切にするために相互協力を確立する責任があります。

READ  日本の携帯通信会社「深刻な」システム障害で政府の命令に直面

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close