スポーツ

Rahil Gangjee、日本の共同39位に上昇

日本ツアーアジア太平洋ダイヤモンドカップでカット1位を記録した、インドのたラヒルカンは3ラウンドで2アンダー70を記録して同点39位に上がった。

カン(74-72-70)は、相模原カントリークラブで3日ぶりに54ホールで偶数波を記録している。

10日からカンは11日と13日にバーディーで良いスタートをしており、14日の表示は18日、バーディーで構成された。 彼は2アンダーを記録した。 第二の9日には、カンバーディー、4位、表示5位、バーディー6位、再度表示7位70点を記録した。

今季カンは4試合を行ったし、2試合に出た。

控えめな72の州を始めたRikuya Hoshinoは2ラウンドと第3ラウンドで65-69を加え、10アンダーで優勝した。 彼はYosuke Asaji(69)とRyuko Tokimatsu(69)を2回勝っています。 2020年Fujisankei Classicで優勝したHoshinoはCOVID-19感染症が原因で2シーズンが合わせながら2021年Kansai Open優勝を追加しました。

二日目62打を記録したショーン・ノリスは、三日目に引き分け11打75打落ちた。

今週の勝者はBritish Openに進出することになります。

(このストーリーは、Devdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  Jまた、不祥事」の存在意味がない状況」村井C悲痛 - J1:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close