経済

Rail、事故照会プロセスのアップグレード、日本で開発したツールの導入

鉄道は、石川(フィッシュボーン)チャートや他の日本で開発されたツールなどの業界標準の原因と結果分析技術を導入して事故調査プロセスをアップグレードすることにしました。 水曜日の鉄道委員会で発表された命令によると、フィッシュボーン技術や5-why分析などの他のツールは、根本原因をよりよく把握し、再発の可能性を最小限に抑えることができるという。

これらの技術はいずれも日本で開発されており、その効果と原因を体系的に調べ、問題に対する解決策を見つけるために様々な分野で広く使用されています。 「事故調査委員会は、根本原因である究明のための事故調査過程の一環として、結果的事故のすべての事例に対して相変わらずフィッシュボーン分析を実施し、それによる是正措置を勧告しなければならない。 さらに、SPADS(Signal Passing at Danger)の場合、事故調査の精度を高めるために5-Whys(Why-Why)根本原因分析を行うことができます。 事故調査報告書承認当局は、上記のような根本原因分析技術が各事例に必ず活用できるように指示できる」と指示した。

さらに、これらの技術を導入するには、鉄道区域で組織する必要がある関連従業員と従業員の教育が必要になる可能性があると述べました。 鉄道委員会はまた、国立インド鉄道アカデミー(NAIR)事務総長が短期コースを組織していると述べた。

今回の事故調査手続きのアップグレード指針は2月1日から施行される予定だ。 鉄道事故に対する調査は、公正な調査のために航空部傘下の鉄道安全局長が務める。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に生成されます。)

READ  資産1億ウォン以上「金持ち」132万7000世帯コロナ流行に変化資産運用:J-CAST会社ウォッチ[전체보기]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close