エンターテインメント

Rakuten & Nissanが提供するNBA Japan Games 2022: By the Numbers

ウィザーズフォワードRui Hachimuraが2022 NBAジャパンゲームを控え、東京タワーでチームを観戦している。

東京 — RakutenとNissanが提供するNBA Japan Games 2022では、現NBAチャンピオンのGolden State WarriorsとWashington Wizardsが埼玉スーパーで9月30日金曜日午後7時(JST)と10月2日日曜日午後2時(JST)に二今回のプレシーズンの試合を行います。 闘技場。 日本ではNBA Rakuten、NBA Rakuten YouTubeチャンネル、Rakuten TVを通じて生中継され、アメリカではNBA TVとNBC Sports Washingtonを介して生中継されます。

2試合に加え、10月1日土曜日午後5時、埼玉スーパーアリーナで開催されるNBA Japan Games Saturday Night 2022 Presented by Rakuten & Nissanは、バスケットボールの試合を祝い、NBAと日産の融合を披露する予定です。 ユニークなファン体験のための大衆文化。

以下は、楽天&日産が発表したNBA Japan Games 2022の事実と数値です。

1 – RakutenとNissanが一緒に提供するNBA Japan Games 2022は、 最初 WarriorsおよびWizards両方のための日本旅行。

2 – 戦士になります 現NBAチャンピオントロントラプターズがNBAジャパンゲーム2019で活躍した後、日本でプレーすることになります。

サムサム NBAの伝説であるRichard Hamilton、Tim Hardaway、Dikembe Mutomboが、2022年土曜日の夜に楽天&日産が提供するNBA Japan Gamesに参加します。

6 – Warriors and Wizardsトレーニングキャンプリストは 海外選手 国:

  • Warriors(2):Jonathan Kuminga(コンゴ民主共和国)とAndrew Wiggins(カナダ)。
  • Wizards(4): Deni Avdija(イスラエル)、Rui Hachimura(日本)、Kristaps Porziņģis(ラトビア)、Makur Maker(南スーダン、オーストラリアとつながる)。

9 – Rui Hachimuraは、ドラフト当時、NBAドラフト第1ラウンドで日本選手に初めて選ばれました。 製具 2019年ウィザーズ全体。

15 – 今年のNBA Japan Gamesとその周辺イベントは記録に裏付けられています。 15 マーケティングパートナー:Rakuten、Nissan、2K、American Express、Fellaz、Hennessy、Hokka、Instyle Group、NEC、Nike、Saitama Super Arena、SAP、ServiceNow、Sun Chlorella、およびTissot。

16 – RakutenとNissanが共に進行するNBA Japan Games 2022はNBAの 15仕事 そして 16仕事 日本のゲーム。 NBA初の米国以外の正規シーズンの試合は1990年に日本で開催され、アメリカのスポーツリーグが北米以外の地域で行われた最初の正規シーズンの試合を記録しました。

20 – 2010年以降 20 元・現職のNBA選手たちが日本を訪問してファンイベントに参加し、青少年バスケットボールクリニックを率いて、WarriorsのStephen CurryとDraymond Green、WizardsのBradley Bealを含む日本でゲームを成長し続けています。

22 – NBA Japan Games 2022 Presented by Rakuten and Nissan: Beal(3回)、Curry(8回)、Green(4回)、Porziņģis(1回)、Klay Thompson(5回)に合計22個のオールスター出場があります。 )とウィギンス(1)。

22 – Warriors(10)とWizards(12)が共同プレイを繰り広げました。 22 RakutenとNissanが提供するNBA Japan Games 2022に向かう北米以外の地域のゲーム。

30 – 9月29日、NBAとスペシャルオリンピック日本で開催 30 NBA Caresスペシャルオリンピッククリニックのスペシャルオリンピック選手はWarriors選手とコーチで構成されています。

34 – 日本でのNBAの存在は過去にさかのぼります。 34 NBAゲームとプログラミングが1988-89シーズンから日本で放映されたからです。

60 – 9月28日、NBAはみなとスポーツセンターでHer Time to Playクリニックを開催し、 60 元WNBA選手であるMonica RogersとKatrina Hibbertと、日本女子代表チーム選手Naho Miyoshiから学ぶ機会を持つ若い女性選手。

75 – 日本系アメリカ人ミサカワタル、NBA初有色人種登場 75 数年前、1947年にニューヨーク・ニックスの一員として

150 – 10月1日、ウィザーズが荷物を積んで提供します。 150 東京の地元孤児院で青少年への学用品キット。

200 – RakutenとNissanが一緒に提供するNBA Japan Games 2022は、より多くの時間ファンに近づきます。 200 テレビ、デジタルメディア、ソーシャルメディアを通じて、世界中の国や地域を見ることができます。

700 – 正式にライセンスされたNBA商品は 700 全国小売店と日本NBA公式オンラインストアであるNBAStore.jpを通じてお会いできます。

55,400 – 異常 55,400 ファンは2人の全席完売の2019 NBA Japan GamesとSaitama Super Arenaで開催された最初のNBAファンナイトに出席しました。

1,600,000 以上 160万 日本のファンは、Facebook、Twitter、LINE、およびTikTokで、NBAのグローバルおよびローカライズされたソーシャルメディアアカウントをフォローしています。

READ  日本アニメの世界では「ベル」は、女性の力の台本を再書き込みします。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close