Randy BassとAlex Ramirezが日本の野球名誉の殿堂に入った

Estimated read time 1 min read

日本野球史上類例のない歩みで、オクラホマとベネズエラ出身の選手たちが水曜日、日本野球名誉の殿堂に献金された。 入会者であるRandy BassとAlex Ramirezにとって、このイベントは、日本のプロフェッショナルベースボールのアメリカのプレーヤーの期待を上回る長いチャンスのもう一つの機会でした。

金髪のひげと連続3冠王で日本で有名なバスは1985年、阪神タイガースをフランチャイズ唯一の優勝に導きました。 メジャーリーグ野球で出場時間を得るために苦労して闘ったラミレスは、2013年横浜DeNAベイスターズと一緒に乗り切るマイルストーンを達成しながら、NPB通算2,000安打を達成した唯一の外国人選手です。

「日本の名誉の殿堂は、オクラホマ州ロートンという小さな村で育ちながら私のレーダーに入ってこなかった」とNPBでわずか6シーズンしか走らなかったが、そこでゲームから消せない足跡を残したBassは言いました。 「私は阪神組織が終わったにもかかわらず、数年後も私を家族のように見せてくれることに感謝します。 彼らの支援がなければ、この栄光は可能ではないと確信しています。」

BassとRamirezが選出されるまでの過程は、外国で生まれた選手、特に日本人系統のない選手にとって不親切な日本野球システムのために複雑になりました。

このスポーツは1800年代後半に日本に導入され、1936年にプロリーグが結成されるまでアマチュアレベルで繁栄しました。 そして日本野球名誉の殿堂は1959年に開業しました。 それ以来、200人以上の人々が名誉の殿堂に選出されました。

だが、これまで日本系のない入団選手は日本で初めて300勝を収めた投手ビクタースターピンだけだった。 Starffinの家族はシベリアを通してロシア革命を避け、日本最北端の島である北海道の田舎で避難所を見つけました。 松太郎将暦は、1936年にプロリーグが結成された時、現在読売ジャイアンツとして知られる彼のチームの元メンバーとして投球するために、10代の時に彼を迎え入れました。

Starffinは1960年に選手部門で日本初の入会者でした。

カリフォルニア出身のLefty O’Doulは日本プロゲームの初期発展に寄与した功労を認められ、2002年に安置され、1年後の1872年には日本の「野球の父」であるMainer Horace Wilsonが初めてゲームを教えたと認められました。

しかし、O’DoulとWilsonは建築業者として選出され、Starffinは日本遺産のない唯一の外国生まれの選手になりました。 当初、ほとんどの外国人プレイヤーがハワイ出身の日本人2歳または3歳だったため、これが重要な違いです。 そんな二人の選手である田橋和也とWaly Yonamineが名誉の殿堂に入った。

長年にわたり日本系ではなく1,000人以上の外国選手が日本でプロ試合を行ってきましたが、今週までStarffinは名誉の殿堂に一人で立っていました。

長い間野球とスポーツ役員として働いていたMarty Kuehnertは、日本の彼の家で電話で「日本が開かれていて、おそらく彼らは今やや公平になっているのを見ることをお勧めします」と話しました。 「2001年、イチローがアメリカに来たときに待遇を受け、権威ある記録がかかっていたときに投球を受けたようです。公平性と外国人が扱われなければならない方法について、ここの人々に影響を与えました。」

BassのトラブルはKuehnertのコメントで最も重要です。 ミネソタ・ツインズがドラフトした1塁手ベスは1977年から1982年までMLB 5つの球団で走ったが、1983年シーズン阪神と契約した直後にスターに浮上した。 彼は1985年と1986年の両方で、3冠王部門(打率、ホームラン、打点)を含む最初の4シーズン中に10の異なる攻撃部門でセントラルリーグを率いました。 彼は1985年の正規シーズンと日本シリーズで最も価値のある選手に選ばれました。

彼のすべての成果にもかかわらず、Bassはしばしば彼が達成しなかったことを覚えています。 オサダハルのシングルシーズン55ホームラン記録です。 バスは1985年に2試合を残して54打数を記録した。 しかしオ監督が運営するジャイアンツはシーズン最後の8打数で6回ボルネットを出して挑戦を拒否した。

この記録は、2013年にヤクルト・スワローズで記録した別の外国人選手であるキラッソのウラジミール・バレンティエンによって結局崩れた。 バレンティエンは正規シーズン22試合を残して55歳に達し、相手投手たちは彼に挑戦するしかなかった。 彼の合計60本のホームランが記録を立てた。

しかし、Bassの乗り継ぎのキャリアは、1988年のシーズン中に脳腫瘍が発見された8歳の息子の世話をするために阪神を去ったときに断絶されました(彼の息子は最終的に腫瘍に生き残り、今は自分の家族がいます)。 当時、日本の態度は何よりも仕事を優先し、タイガーズは結局Bassをリリースしました。 当時彼は.321の打率を記録していましたが、それにもかかわらず他のどのチームも阪神に逆らうことはなく、彼の日本でのキャリアは34歳の時代に突然終わりました。

経営陣と反対者の逆境にもかかわらず、Bassは忍耐と謙虚さでファンを獲得しました。 彼は35年後にも高い尊敬と人気を維持しています。

自分を切り出したチームと功労を共有した入団ニュースに対する彼の反応は謙虚さを見せた。 しかし、Kuehnertは、Bassが彼が受け取ったすべてのものを得たと主張することを喜んでいました。

Kuehnertは「はい、彼は日本で6シーズンしか走らなかった」と述べた。 しかし、彼のキャリアはSandy Koufaxに似ています。 短いが壮観です。 彼は日本史上最も早く200本塁打を打った。

Alex Ramirezははるかに異なる話をしました。 もともと1991年16歳のアマチュアFAでクリーブランドと契約した彼は、守備ポジションのない才能ある打者とされた。 彼は2001年のシーズンのためにYakultと契約する前にMLBの3シーズンの一部をプレーし、日本で13年のキャリアになり始めました。

ラミレスは、クリーブランド組織の打撃コーチ兼マネージャーで、野球生涯選手のチャーリー・マヌエルを置くことが彼の大きな幸運だと述べた。 マヌエル自身は日本で6シーズンの間主演を務め、1977年から1980年まで53試合をあまりプレーしなかったにもかかわらず、オ・スンファンを166試合から152試合に追い越した。

「ある日、Charlieは私に「Alex、あなたは100万ドルのプレーヤーです」と言いました」とRamirezは思い出しました。 「」しかしアメリカではそうではありません。 日本に行きます。」私は「日本? 引退を控えた選手たちのためだと思った。 彼は「いいえ、いいえ、あなたの打撃能力で、あなたはそこで毎日ゲームをプレイし、あなたは長く滞在します」と言いました。 彼が正しいと私に行くように励ましてくれたチャーリーに本当に感謝しています。」

日本で愛称として知られる「ラミちゃん」は、2013年に2,017個のヒットを記録して引退しました。 MLBより1シーズンに約20試合が少ない日本は、米国の3,000安打と同様の尊敬心で2,000安打を受け入れます。 マークに到達した唯一の外国人として、Ramirezは4年目に作家の投票に選ばれました。 バスは作家の資格が満了し、特別委員会から選出された。

BassとRamirezはどちらも、彼らの名誉の異なる外国人が日本の名誉の殿堂に入ることができる扉を開くことを願っています。 彼らが言及した人々の中には、13シーズン中に464本のホームランを記録したアメリカ人のカーローズ(多くの人がタフィーとして知られている)と日本で11シーズンの間に素晴らしい打者であり、320の打率がNPB史上最も高い打率を記録しているレロン・リーがあります。

READ  相撲完璧な仕上がり: Terunofuji、Takakeishoを破って15勝0敗で九州トーナメント仕上げ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours