Rapidus、日本をグローバルチップマップに再び置く「最後のチャンス」

1 min read

ラピダス会長の東鉄郎氏は「日本は非常に強力なデジタル技術産業を構築することが非常に重要になっている」と述べた – Copyright AFP Yuichi YAMAZAKI

ひやまひろし

世界最大の企業の一部を一つに集める日本のRapidusプロジェクトは、かつて日本を支配していた半導体部門を再び世界地図に載せる「最後の機会」と日本会長が警告しました。

そして会社が政府の財政的な火力を支えている間、東鉄郎はインタビューでAFPに今後の挑戦に対する幻想を抱いていると話しました。

「世界はデジタル化されています。 日本は非常に強力なデジタル技術産業を構築することが非常に重要になっています。」

「日本は他の国より10年以上遅れています。 追いつくには膨大な資金が必要になるでしょう。」

東京は2030年までに国内生産チップの売上を15兆円以上に3倍増やすために最大4兆円(257億ドル)の補助金を支給すると約束しました。

世界のチップの半分を生産する台湾半導体製造会社(TSMC)はすでに利益を得ています。 この巨大企業は2月に日本に新しい製造工場を開き、2番目の製造工場を計画しています。

政府はソニー、トヨタ、IBMなどが参加した合弁会社であるラピドゥスに9,200億円を投資し、現在北海道地域に工場を建設しています。

目標は、はるかに多くの超小型トランジスタを含むチップの次世代パイオニアである2ナノメートル技術を使用して、2027年から日本でロジックチップを大量生産することです。

TSMCと他の企業は、すでにAI(AI)の革命を促進するために不可欠な2nmチップの全体的な生産に達するために競争しています。

しかし、HigashiはRapidusが行うことができると確信しており、何が危機に瀕しているかについての根拠を示していません。

彼は「これが日本が競争力のある半導体製造産業を再開する最後の機会になる可能性がある」と述べた。

– 爆発的な需要 –

Higashiは、AIとデジタル技術が人々の日常生活にさらに深く入り、2027年頃には先進エネルギー効率の高い半導体に対する世界的な需要が爆発的に増加すると予想していると述べた。

Google、オープンAI(OpenAI)など米国の技術企業も、かつて世界最高の技術先駆者だった日本がAIを通じて優位を取り戻すことができるという希望で日本に莫大な投資をしている。

現在、AI分野でチップを掌握しているNvidiaのCEOは、同社が日本に供給するために「最善を尽くす」と述べた。

しかし、外国の供給への依存を減らす必要があることは明らかであると東芝は言いました。 「私たちはデジタル社会に変身しています。 日本のすべての産業は半導体に大きく依存するでしょう。」

日本は1980年代から1990年代初頭まで半導体産業の強者であり、NECと東芝らが先頭を走り世界市場の半分を占めました。

現在は、東の元雇用主である東京エレクトロンのような企業とともに、チップ製造装置や材料分野のリーダーを維持していますが、市場の約10%を占めています。

しかし、日本の目標には地政学的角度もあります。 米国や他の国々と中国の侵略に対する恐れのため、台湾のTSMCファブへの依存度を減らそうとするからです。

同時に、米国は中国のAI推進を支持するために、中国への次世代チップの供給を制限しようとしています。

東首相は、地政学に関する直接的な議論を避けながら、日本や米国などの友好国の企業が国際サプライチェーンを維持するための業務を共有すると期待していると述べた。

「日本にも米国と同様に大型生産装備業者や素材メーカーが多い。 彼らは非常に高度な製品を必要とする顧客に対処しています。」と彼は言いました。

「私たちの生産装備業者と素材メーカーで支援をしてくれています。」

そしてその成功は、若いエンジニアが日本のチップ部門をさらに成長させることを可能にするためにインスピレーションを与えるだろうと彼は付け加えました。

彼は「私たちは新しい半導体を作り、人々に新しい世界を作ることができるというインスピレーションを与えなければならない」と話した。

READ  日本のチップベンチャーであるRapidusは、生産を開始するには540億ドルが必要だと会長は述べた。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours