エンターテインメント

Reitz卒業生であるMikaela Jenkinsが東京パラリンピックに参加しています。

Mikaela Jenkinsはその感じが非合理であることを知っています。 毎朝彼女は眠りから覚め、彼女の心がトリックを使っていない物理的な証拠を見ることができます。

Jenkinsはほぼ一週間前に日本に到着しました。 彼女は3時間、税関を探索しました。 彼女は金曜日にオリンピック村に移動しました。 それははるかに現実的ではありません。

しかし、このいずれも正常でありません。 左足を切断した水泳選手のためのものではありません。 Jenkinsはパラリンピック選手です。 そして彼女は、チームUSAを代表して東京にいます。

彼女が感じる喜びと誇りは決して冷めないでしょう。

Jenkinsは「まだ実感が出ません。 「私たちはここ日本にあります。 クレイジー」

多く:Evansville出身のMikaela Jenkinsは夏季パラリンピックでTeam USAを代表します。

Evansville出身は来週2020パラリンピックでは、米国を代表する34人に1人です。 開幕式は、9月第1週の火曜日(現地時間)に予定されており、イベントは9月第1週まで続く。

これはJenkinsに長年にわたるプロセスでした。 元テキサス州とペンシルベニア州で育ったJenkinsは馬に乗っていました。 彼女は8歳の水泳を始め、5年後の最初の障害者水泳大会に参加しました。 そこで、当時USA障害水泳局長のQueenie Nicholsは、彼女が訓練に専念すれば可能性を実現するように助けた。

Mikaela JenkinsはGrove City Collegeから水泳をします。

目標は、いつも日本だった。 彼女はインタビューでReitz高校1年生にも言いました。 そして、ここで彼女は最大のステージにあります。

Jenkinsは「私は多くのことを犠牲にしました。 “私はこの夏にCOVIDためかなり隔離された状態を維持するためにほとんど何もしていない。それだけの価値があると思います。旅行をしながら楽しい経験をたくさんしました。ゲームに参加することになって本当に嬉しいです。」

READ  著名な写真家Stephen DupontはMGMが北米で水俣を「埋没」していると非難しています。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close