トップニュース

Retro Japan:オープンデザイン、1号沖縄リゾートを中心としたラグジュアリーな空間活用

ONNA、沖縄 – 客室数を犠牲にしながらも開​​放的なデザインと豪華な空間の使用は、有名なバンヤンの木陰に触発された沖縄初のリゾートホテルの重要な要素です。





2022年9月14日、沖縄県恩納村にあるホテルムーンビーチから簡単な階段と手すりが見えます。 (Mainichi/Shinnosuke Kyan)=より多くの画像を見るには、写真をクリック/タップしてください。

1972年沖縄県が日本に返還された直後の1975年沖縄国際海洋博覧会に合わせて開場した恩納村のホテルムーンビーチロビーで海風が吹く。

石垣県石垣島のバンヤンの木陰にインスピレーションを受けた建築家Yukifusa Kokubaは、沖縄文化に合った建物を作りたいと言ってホテルを設計しました。 壁のない「ピロティス」(柱)の上に建てられた開放的な天井ホールと構造物は、宿泊施設の多くを占めています。 これにより客室数が減りましたが、コクバは明らかにゲストがリラックスできるようにオープンデザインを優先しました。





ホテルムーンビーチは2022年9月8日、沖縄県恩納村のビーチに面しています。 (Mainichi/Shinnosuke Kyan)=より多くの画像を見るには、写真をクリック/タップしてください。

ホテルはヤシの木とバンヤンの木々に囲まれ、中庭のように見えるホールの開いた天井の近くにはDevil’s ivy plantのつるがぶら下がっています。 ホテルの庭師は、植物や建物が一体化した沖縄県の典型的な空間を作り、台風や塩害から守ります。

ホテルムーンビーチがオープンしてから約50年が経ちました。 この期間中、県に他の数多くのホテルが建設されたが、「この雰囲気が好きなので繰り返し来る客が多い」と開業以後、この施設で働いているキナ・ススム(75)氏は語った。 リゾートのユニークな機能は時間のテストに耐えました。

(九州写真部 かんしんのすけ日本語オリジナル)





2022年9月14日沖縄県恩納村にあるホテルムーンビーチで木陰からインスピレーションを受けた「ピロティス」(柱)を使った空間が見えます。 この地域には以前はガラス窓がなく、訪問者は以前はそうだったようです。 3弦「山神」楽器を歌って演奏しながらラッシュマットでリラックスしてください。 (Mainichi/Shinnosuke Kyan)=より多くの画像を見るには、写真をクリック/タップします。

* * *

この記事の日本語版はもともと2022年9月25日に公開されました。

* * *

このシリーズは、日本の素晴らしい建築物と過去の秘密を探求します。 ここでより多くのRetro Japanの記事を読んでください。

READ  日本のCOVID-19事例がほぼ記録的に毎日100,000人を超えて急増しました。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close