エンターテインメント

Retro Japan: 大阪の中心部にあるキノコ型タワーは毎日40万人に空気を提供します。

OSAKA – 巨大なキノコのような構造物が日が沈む頃、JR大阪駅前の街灯に光ります。 一見すると、それが何であるかを区別するのは難しいかもしれません。 毎日約400,000人が訪れる巨大なWhity Umeda地下ショッピングモールの吸気タワーです。





2020年6月29日大阪北区地下商店街ホイティウメダ地下商店街の空気吸入塔を下から見下ろした様子。 この写真は許可を得て撮影したものです。 (Mainichi / Takao Kitamura)=写真をクリック/タップすると、より多くの画像を見ることができます。

大阪北区御堂筋通り北端に位置するこの構造物は、1963年に商業施設が開かれたときに梅田ナイトライフ地下商店街の換気のために設置されました。

タワーは日本の代表的な建築家村野道後(1891-1984)が設計したもので、重要文化財に指定された広島市の世界平和記念大聖堂と日本生命の東京日比谷ビル。

大阪の梅田吸気施設は、高さ13.5~18mの5つのタワーで構成されており、その一部は頂上付近に接続されています。 タワー鉄骨の正方形、五角形、六角形は、パッチワークなどのステンレス鋼板で覆われています。 果敢な曲線からなる有機的なデザインは、機能性と造形を同時に持っています。

Whity Umeda地下街には約180人のテナントがいます。 時代が変わりましたが、吸気タワーは下のショッピングアーケードに生気を吹き込み、梅田エリアのランドマークとして立っています。

(日本語オリジナル:高尾北村、大阪フォトデパート)





2020年6月20日、毎日新聞ヘリコプターで撮影したこの写真から、大阪北区の広い道路に囲まれたWhity Umeda広大な地下ショッピング街の空気吸引タワーが見えます。 (Mainichi / Takao Kitamura)=もっと画像を見るには、写真をクリック/タップしてください。 。

* * *

この記事の日本語版はもともと2020年7月12日に公開されました。

* * *

このシリーズは、日本の素晴らしい建築物と過去の秘密を探る。 ここでより多くのRetro Japanの記事を読んでください。





写真で見るレトロジャパン:大阪地下商店街の人々のライフラインである吸気口

READ  より広いエンターテイメント帝国を眺めるソニー

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close