エンターテインメント

Retro Japan: 東京の三股橋は変化する風景の中で美しさを保ちます。

TOKYO – 1929年に日本の首都の中心部に建設された珍しい三脚橋は、周囲の風景の変化にもかかわらず機能的な美しさを維持しています。





2020年9月30日、東京中央区三吉橋に銀滴花模様の奇妙な街灯が見えます。 (Mainichi / Akihiro Ogomori)=より多くの画像を見るには、写真をクリック/タップしてください。

中央区三橋橋の西には銀座商店街があり、南には2018年まで日本最大の魚市場だった築地地区があります。 橋の東側には娯楽地区があった新富地区があります。 歌舞伎座劇場は南西約500mです。

橋の幅は15メートルです。 三島幸夫の小説「七本橋」に登場した微妙な曲線の三脚橋です。 三橋橋の下を流れる築地川は生活用品を積んだ船を乗せて通った。

その後、川は埋立てられ、首都高速道路と東京メトロの有楽町線が橋の下を運行します。 周囲に高層ビルが入りながら風景が大きく変わったが、橋の機能的美しさはそのまま維持される。

日が暮れた後、中央区役所高層で橋の長露出写真を撮りました。 写真の中の橋は、下の高速道路を走る車両とは対照的に平和に見えます。

1923年の関東大震災以降、再建事業の一環として建設された三好橋は、ずっと行き来する人々の生活を支えています。

(日本語のオリジナル:秋尾大栗、写真とビデオセンター)





2020年9月30日に撮ったこの写真からわかるように、東京中央区にある三好橋のやや曲がったデザインが印象的です。 (Mainichi / Akihiro Ogomori)=より多くの画像を見るには、写真をクリック/タップしてください。

* * *

この記事の日本語版はもともと2020年10月18日に公開されました。

* * *

このシリーズは、日本の建築的驚異と過去の秘密を探る。 ここでより多くのRetro Japanの記事を読んでください。

READ  痛みを軽減する和風朝食

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close