経済

Ricoh、Pentaxのための新しい「ワークショップのような」事業計画の説明

リコジャパンは 出版 Pentaxカメラ事業の再編計画の詳細。 顧客との接点を追加し、直接コミュニケーションを強化することが主な目標だと会社側は説明した。

クラウドファンディング、直接販売制限、イベント増加

リコジャパンは 共有 会社が主要なビジネス戦略の移行から取る予定である特定のイニシアチブのいくつか。

第一に、同社は、Amazon、Rakuten Ichiba、PayPalなど、一部の店舗で消費者直接オンラインストアを開く計画だと述べています。 これらの店は限定版アイテムなどのPentax製品を販売しますが、同社はこれらの店がPentaxまたはGRブランドのみを販売することを制限していないことも検討しています。

リコペンタックスリミテッドエディションカメラリカラー
消費者直接販売には、2021年に発売された同社のK-1 Mark IIリミテッドエディションカラーなどの製品が含まれる場合があります。

顧客との接点数を増やすという目標に基づいて、Ricohは定期的なPentaxファンミーティングとこれまで「非定期的」であった体験イベントを開催することを目指していると明らかにしました。 対面会議を開催する場所の数を増やし、頻度を増やすことを期待しています。 同社はさらに多くのオンライン会議を開催します。

Ricohは、「ワークショップのような」製造が中心となるクラウドファンディングを活用する計画です。 ここでは、PentaxおよびGRブランドを含む製品の限定生産実行で「珍しい価値」を提供します。 同社は2021年11月のオンライン会議でファンに提案されたアイデアを実行する予定ですが、さらに詳細を提供せず、代わりに今年末にクラウドファンディングキャンペーンが開始されるまでその情報を保留します。 クラウドファンディングは、PowerShot PXやIVY RECなどのいくつかの実験用カメラをリリースするために使用したCanonの日本で成功したことが証明されています。

最後に、Ricohは日本全土のショールームとサービス拠点を改善する予定で、2022年夏頃東京に新しい拠点を開く予定で、修理受付エリアとお客様の接続場所として使用される予定です。

Ricoh氏は、上記に加えて、新たな計画を計画しており、最終的な詳細が決まったら発表する予定だと述べた。

事業戦略の劇的な変化

1月20日、リコジャパンはペンタックスカメラ事業の構造を大幅に変更すると発表しました。 Ricohの社長兼最高経営責任者(CEO)であるNoboru Akahaneは、日本に関して、PentaxとGRカメラブランドが、消費者の直接販売とさらなるデジタル化を通じて販売チャネルとカメラのラインナップを拡大するために、生産に「ワークショップのような」アプローチを取ると発表しました。

写真提供:David Crew ペタピクセル

赤羽は「顧客と直接コミュニケーションし、スナップ文化を作るためにソーシャルメディアを通じたファンコミュニティの活性化とオフラインイベントによる交流に集中し、双方向関係を強化する」と話した。

「顧客に直接連絡し、これまで以上に顧客フィードバックを製造に反映し、顧客により魅力的な製品を提供することを目指しています。」

Ricohは、その製品をオンラインおよび一部の地域の一部の自社店を通じて直接提供すると述べた。 現在、同社は依然として既存の小売パートナーを通じて製品を提供する予定です。

会社はこの発表計画や詳細を西側の相手方に知らせなかったため、初期発表は会社全体が戦略を切り替えるように見えました。 ニュースが出てからほぼ一日で、Ricoh USAは、変更が現在のところ日本にのみ影響することを確認することができました。


イメージクレジット: PetaPixel用David Creweのヘッダー写真。

READ  米FRB議長と財務長官、追加経済対策を支持 - 上院銀行委員会証言 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close