Rise of the Ronin Devを通じてプレイヤーに1800年代の日本ツアーを提供

Estimated read time 1 min read

Rise of the Roninがリリースされた月の残りの時点で、Team Ninjaはゲーム内の設定を見て、1800年代に日本を「鮮やかに実装する」方法を示しました。

新しいビデオ課 PlayStationブログ投稿で、開発者はRise of the Roninが横浜、江戸(現在東京)、京都の3つの主要都市をどのようにするかを詳しく説明します。 これら3つの主要都市はそれぞれオープンワールドに建設され、さまざまな方法で互いに衝突する西洋文化と日本文化の融合を提供します。

一部のゲーム内の場所で戦利品を入手できるだけでなく、PSブログ記事では、プレイヤーが利用できるさまざまな移動方法について詳しく説明します。 これには、高い地域に到達する方法でもあり、戦闘中に敵を捕まえるために使用できるフックロープから馬に乗ることも含まれます。 長距離を効率的に移動できます。

しかし、私の考えに最も興味深いのは、グライダーです。これは、日本の発明家であり銃砲の制作者であるKunitomo IkkansaiのAbikiru青写真に基づいています。 Team Ninjaによると、「日本で最も古い飛行機の青写真とも考えられています」 」

メインストーリーに加えて、プレイヤーは地域住民が提供する消費ミッションを実行し、地域住民との関係を築き、盗賊を倒して危険な地域のセキュリティを強化するなど、追加の追加活動に参加することもできます。

先に公開されたように、ロニンの復活は内戦が地域を荒廃させた激動の時期である19世紀後半にも時代末期を背景とします。

Rise of the Roninは3月22日、PlayStation 5専用でリリースされます。

TaylorはIGNの記者です。 Twitterで彼女をフォローすることができます @TayNixster.

READ  劇場版鬼滅の日 "とても素敵泣く」石田彰も参加舞台挨拶 - AV Watch
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours