RTL Today(RTL Today) – 将来のビジョン:日本の展示会では、構造活動の未来にロボットを垣間見ることができます。

Estimated read time 1 min read

ドローンカメラで瓦礫の中で生存者を発見します。 船上のロボットが彼に水を持っている間、外骨格に乗った救助隊員は、自動伸張器が彼女を安全な場所に連れて行くことができるように脱出経路を確保します。

これは、日本のモビリティショーで展示された将来のビジョンです。 技術は、労働者が不足しており、災害が見知らぬ国で人間を助け、時には取り替えることができるかを示すことを目指しています。

しかし、人々を驚かせないために、1950年代から日本の災難映画に災いを呼び起こしたゴジラによって仮想の悲劇が誘発される。

日本では、全人口のほぼ30%が65歳以上です。

自律走行車専門のスタートアップであるAttraclabの創設者であるTomoyuki Izuは、「人口の減少により危険な作業に参加できる人がますます減っています」と述べた。

61歳のIzuはAFPに「私の考えは消防士のような人々を私の装備で助けること」と話した。

Japan Mobility Showでカートンの残骸を押し出す小型配送ロボットを共同開発し、ホイールやトラック付きのリモートコントロールストレッチャーを設計したところがAttraclabでした。

彼は今週末の大衆に公開されるイベントで、現在、日本政府は救援活動のために「伝統的な機器」を好むと述べた。

しかし、Izuは、将来、より進化した技術のための市場があると信じています。

「日本にはヒューマノイドロボットを素材としたアニメーションが多くて人々が好きです。しかし、この種の自律走行車は彼らにまだ非常に見慣れています」と彼は言いました。

2016年以来、日本の川崎重工業(KHI)は、負傷した人を繊細に持ち上げて移動できる強力なヒューマノイドロボットであるKaleido(Kaleido)を開発してきました。

– 「労働力不足」 –

KHIロボット事業部の月木剛田は「将来、このロボットは人を救ったり、火災のような危険な地域に移動することができるだろう」と話した。

しかし、彼は機械が困難な地形を通過するためには、スキャン機能のさらなる開発が必要であることを認めた。

彼はAFPとのインタビューで、「条件が常に他の実際の状況で使用するにはより多くの開発期間が必要だ」と述べた。

Kaleidoの現在の積載量は60kg(132ポンド)で、まもなく新しいプロトタイプに増加するとGodaは約束しました。

価格も問題だ。

現在、このロボットは「人間より10倍高いことがありますが、年間10,000個を生産すれば価格が急激に下がるだろう」とGodaは付け加えました。

2011年の福島原発事故以降、別のニッチ市場が爆発的に成長しました。 すぐにアクセスするのが難しいまたは危険な災害地域をきれいにするロボットです。

エンジニアリング会社であるSugino Machineは、クローラに搭載された強力で小型のロボットアームを披露しました。 このロボットアームは緊急救助員が行けない場所で作業できます。

この機械は、日本が福島第一原子力発電所を解体するための作業を続けている中、全国的に運営される原子力研究機関のために2018年に製作されました。

杉野機械の犬島明氏は、AFPとのインタビューで「これは、初期損傷評価や残骸除去、人が持ち上げることができない重いものを除去するために使用できる」と述べた。

腕には映像、温度、放射能センサー、高圧受窓など様々なツールを装着できる。

「私たちは労働力が不足しています。すべてのロボットを使うのは難しいですが、人々の仕事に役立つ解決策を提供することができます」と彼は言いました。

「福島事故の後、残骸のように私たちの作業が必要なプロジェクト(政府の莫大な支援)があったため、技術開発を続けることができました」とInujimaは言いました。

「これを続けて、これが消えないようにすることが重要です。」

READ  知ってた?マグネシウムで洗濯すると、においも殺菌することができ、環境に優しいんです| ギズモ・ジャパン
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours