RTL Today – 上がる人気:「ハイキュー!」

1 min read

男子バレーボールはパリオリンピックを控えて国家代表チームが世界4位を占め、漫画ブロックバスターに力を入れて人気が高まるなど日本で高く飛んでいる。

小さな体球と逆境を乗り越えるというインスピレーションを与える漫画本英雄が登場する学校チームの物語「ハイキュー!!」は、2012年創刊以来6千万部が売れました。

人気アニメシリーズに生まれ変わった新映画「ハイキュー!!:ごみ収集箱の戦い」が日本のボックスオフィスで100億円(6,500万ドル)を記録し、今月北米で公開される予定です。

2018年から2021年まで国家代表チームの主張を務めた柳田雅弘(Masahiro Yanagida)は、仮想チームの活躍がコートの観客需給増を促すのを助けてくれたことに「とても感謝している」と述べました。

彼はAFPとのインタビューで「私は漫画のすべての権利を持っている」とAFPとのインタビューで「非常にリアルな」スポーツの描写に「完全に魅了された」と回想した。

公式記録によると、高校の男子学生バレーボールクラブ会員数は2012年35,000人から今年50,000人以上に増えました。

-アニメのようなアクション-

インスピレーションを受けた人々の中には「ハイキュー!!」を模倣しようとする10歳の坂下楓さんもいます。 エリートセッター宮敦が東京スポーツホールでローランジトスをしている様子。

東京杉一ジュニアバレーボールクラブの会員である坂下は、AFPに「彼は私のロールモデルだ」と話した。

「ハイキュー!!」 ファンダムは少年を越える。

藤木七海(22歳)にとって、この漫画はスポーツに対する「愛」に火をつけました。

彼女は「ハイキュー!!」を販売するポップアップストアでAFPに「私は全く興味がなかった…私はルールさえ知らなかった」と話した。 商品。

しかし、今は「実際の試合を以前は楽しんでいなかった方法で楽しめるようになった」というシリーズのおかげだ。

現在、国家代表チームはイタリア最高リーグでプレーしている22歳の人気選手の高橋蘭のようなスター選手たちの漫画を現実に反映しています。

バレーボール基準で背が高くないにもかかわらず、1m88mの外打者は昨年「ハイキュー!!」の登場人物のようにゴールを背負ってピルエットスパイクで世界を驚かせました。

高橋さんはAFPとのインタビューで「おそらく「ハイキュー!!」 おかげで、日本のバレーボールの視覚的に面白いプレイは、世界中の観客をますます魅了していると感じています。

「一部では日本バレーボールのクオリティがアニメに近いと言うこともできます」

– 「ミュンヘンの奇跡」 –

日本バレーボールの栄光の時代は半世紀以上前にさかのぼります。

女子代表チーム「東洋の魔女」は1964年、東京オリンピックでソ連を破って金メダルを獲得したことで有名で、1972年男子「ミュンヘンの奇跡」で金メダルを獲得しました。

その後、女子選手たちは2012年ロンドンオリンピックで銅メダルを獲得するなど、より良い成績を収めたが、まだパリ出場資格は得られていません。

一方、日本バレーボール協会のスポークスマンである柿谷直宏は、AFP通信とのインタビューで男たちは「長い間停滞した」と話した。

転換点は高橋や石川由紀(28)らの選手たちがイタリア最高リーグに進出し、2017年フランス監督フィリフ・ブランが赴任した後、チームの変化が訪れてきたと柿谷氏は付け加えた。

昨年、ブレインのチームはバレーボールネーションズリーグで3位を獲得したが、これは46年ぶりに主要国際トーナメントで初めて男子メダルを獲得したのだ。

柳田は「彼らは今、私たちの時代には夢も見られなかった全く異なるレベルに達した」と話した。

しかし、このスポーツは日本最高水準のVリーグの収益性が良くないという批判を受けるなど、依然として困難を経験しています。

リーグには同社が支援するチームがたくさんあり、選手たちはバレーボールに生計を立てていないため、やる気が少なくなるとYanagidaは語った。

フレームを破るのは、柳田の現在のクラブである東京グレートベアーズです。

久保田岳クラブ会長はAFPとのインタビューで「女性ファンが無視されるという感じを受けないようにするためにピンクの制服を着て男性選手たちによく連想する攻撃的で麻痺的なイメージを積極的に捨てている」と話した。

このアプローチは、YouTubeとミュージシャンとの提携と結びつき、東京グレートベアーズが2年連続の男性部門で最大の観客を引き付けるのに役立ちました。

Kubotaは「私たちはバレーボールが観客を引き付けることができることを証明したかった」と述べた。

そしてこれはYouTubeでモデリングと歌を歌って喜んでバレーボールポスター少年になる高橋の心です。

彼は「バレーボールを子供たちが夢見ることができるスポーツにしたい」と話した。

READ  ナオミ大阪がオリンピック、精神的健康とトレーニングについて議論
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours