RTL Today – 日本の海藻産業を復活させたイギリスの植物学者

1 min read

毎年、日本南部では日本を訪れたことがないが、重要な海藻産業を活性化したとされる英国の植物学者を称えるために、数十人の人々が浜神社に集まっています。

Kathleen Drew-Bakerは、寿司ロールを囲むサクサクの乾燥シートである「ノリ」海藻の再生の画期的な発見を通じて、商業規模の農業を始めました。

マンチェスター大学での彼女の研究は、日本が第二次世界大戦以来、小規模の栽培者が需要を満たすのに苦労していた困難な時期に生産量を増やすことを可能にしました。

しかし、彼女は当時の大学の既婚女性雇用禁止政策のため、結婚後の教職を失ったまま無保守研究員として最も影響力のある研究を行いました。

Drew-Bakerは1957年に亡くなりましたが、彼女の記憶は日本最大の金栽培地域の1つである熊本の宇都市に残ります。

地元の漁業従事者、科学者、歴史愛好家の数十人が毎年4月、海の隣にある緑豊かな寺院の緑豊かな土地に集まります。

主催側の山本文一(86)は、AFP通信に、信徒司祭がドリュー・ベイカーに感謝を表わすイベントで、大きな日本と英国の旗が掲揚されたと述べた。

彼は「金の生産者たちは、人々が食糧不足で苦しんでいた時」戦争の余波でより多くの金を栽培する能力に満足して感謝した」と話した。

作物は何世紀にもわたって日本の海岸線から収穫され、500年間養殖されました。

寿司に使用することに加えて、日本の主なおやつ「おにぎり」おにぎりの中核材料で、ラーメンボウルや他の古典的な料理を飾るために使用されます。

しかし、海藻は弱いと悪名高い、台風や公害に簡単に拾われています。

1949年、Drew-Bakerは金のもう一つの名前である金に関する画期的な研究を科学ジャーナルのNatureに発表しました。 作物はウェールズ海岸で育ち、ラバーブレードと呼ばれる伝統的な料理を生産するために使用されます。

「それまでは、キムの寿命周期はよく知られていませんでした」と山本氏は語った。

この研究は、植物が新しい胞子を生産する貝殻にどのように穴を開けるかについての新しい洞察を提供しました。

Drew-BakerはKyushu Universityの教授と連絡を取り、「日本の金もそうではありませんか?」という質問で学術論文を彼に送りました。 彼は言った。

日本の科学者とキム農家は、海の植物が繁栄するのを助けるためにカキの殻を使用する実験を始めました。

50年間記念イベントを運営してきた金卸売りの息子である山本氏は「成功的だった」と話した。

今「金は日本の必須食品の一つです」

READ  UM Today | 科学学部
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours