エンターテインメント

RTL Today-追加スタッフ:東京ウイルス急増にもかかわらず、オリンピックのために10,000人の医療スタッフを探し

日本政府は、3次感染による医療システムの負担にもかかわらず、ウイルスの遅延オリンピックのために、1万人の医療従事者を募集する計画だと火曜日発表した。

野党政治家は、医療協会が収納力低下の警告を提起し、議会の計画について、政府を燃やした。

日本政府とオリンピックの関係者は、国内外の感染の増加と国内サポートの減少にもかかわらず、今年7月に予定通り開幕することを主張した。

そして火曜日議会でセイコー橋本オリンピック長官は、政府が、オリンピックのために数千人の医療従事者を確保するための計画にはまだ専念していると言いました。

「私たちは、医師や看護師にオリンピック期間中、約5日間働くことを要請する前提の下、約10,000人の必要な医療スタッフを確保しようと努力している」と彼女は言った。

試合主催者は、遅延イベントで必要な正確な医療条項と「鼻ビーズ-19感染に対処」する方法についてはまだ議論していると、彼女は議会に語った。

大規模な国際行事が始まるわずか6ヶ月前に、東京と他の地域では、コロナ19事例の記録的な急増に対処するために緊急事態に直面しています。

日本は全体的に、約5,000人のウイルスが死亡、他の多くの国よりも大きな打撃を受けたが、医師は特にオリンピックが新しい発症の原因となる場合、医療施設が崩壊する危険性があると警告しました。

悪化したグローバルウイルス状況は、7月に開始される予定である2020年のオリンピックの演技に対する疑問を再び呼び起こし、世論調査によると、日本の大衆の支持が急減しています。

12月に主催者側は、運動選手のために定期検査と陽性事例を処理するための「感染管理センター」を含む安全対策を発表しました。

しかし、日本の医師会会長は先週、外国人観光客がオリンピックに来る可能性について警告した。

Toshio Nakagawaは、現在の状況では、オリンピックでコロナウイルスにかかった外国人観光客を病院に入院させることは「不可能」と述べた。

約200カ国から来た約11,000人の選手がオリンピックに出場することが予想されるが、観客の決定は、春になる前に予想されていません。

国際オリンピック委員会は、すべての選手たちに予防接種を奨励すると明らかにし、月曜日フランス国立オリンピック委員会委員長は、予防接種を受けていない選手たちが14日間の隔離を含む、日本で「非常に困難」な状況に直面するだろうと警告しました。

日本では、早ければ2月末までに予防接種を開始する予定です。

READ  講談社、インディーズゲームの制作者を支援する「講談社ゲームクリエイター研究所」を発表した。 9月15日から第1期メンバー募集を開始

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close