エンターテインメント

RTL Today-2月鉛筆:ウイルスに戻って、日本「スーパーマリオ」のテーマパーク開場遅延

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが木曜日に日本がコロナウイルスの例と闘いながら、最初の「スーパーマリオ」のテーマパークの開場を再延期したと発表した。

待望の任天堂の遊園地への進出は、元東京オリンピックを控えて2020年7月にオープンする予定でした。

しかし、ゲームと同様にコロナウイルス感染症が原因で発売が遅れれ、2月4日、新しい日付が設定されました。

実際Bowserの成果インタラクティブ “Mario Kart」に乗るを特徴とするこのアトラクションは、大阪西部の都市にある既存のUSJ公園の一部として巨大な群衆を引き込むことが予想された。

政府がコロナ19急増を防ぐために、今週、大阪にウイルス緊急事態を拡大した後、主催者側は、二番目に開幕を延期することを決めました。

USJは「改装を楽しみにしていたお客様に不便をおかけした点心からお詫び申し上げます。オープン日は、緊急事態が解除された後に決定されて発表されるだろう」と述べた。

日本の発生率は比較的少ないが医療スタッフは、病院が最悪の影響を受ける地域で深刻な負担を受けていると言います。

47県のうち11県のうち11県で実施されている緊急宣言は、2月7日まで持続します。

住民は不要不急の外出を避け、在宅勤務を強くお勧めしながら、レストランやバー早くドアを閉じるように要求します。

READ  大塚角満の「サイバーパンク2077」日記/第2回3D酔いを超えて - ファミ通.com

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close