経済

Ryzen 5000シリーズを探して自作PCファンがアキバに集結! 10万円を超えるのRyzen 9 5950Xは売り切れ続出 – AKIBA PC Hotline!

AMDの最新CPU「Ryzen 5000シリーズ」は、11月6日(金)19時販売解禁された。 秋葉原のPCパーツショップは「世界最速のゲーミングCPU」として請求された製品を求めて多くの自作PCファンが集結。 開店直後から購入整理券を求めて行列ができるなど盛り上がりを見せた。

当日は、ほとんどの店が低い頃まで整理券を配布。 店によっては開店前から開くことができたという。 人気の中心は、最上位のRyzen 9 5950X(税別96,800円)Ryzen 9 5900X(同64,980円)で、整理券配布中上位2モデルがなくなったことを知ると、熱を離れて他の店に向かう人も多かったようだ。

19時商品転送時に最も賑やかだったのは、新型Ryzen看板除幕式を行った九十九eX。 コンピュータの管。 15時頃の時点で、100人以上の人に整理券を配布したタイは新型コロナウイルスでは、顧客のグループ化と集合時間の調整など混雑緩和対策を講じますので、以前のよう店舗数百人のファンが熱を作るというのはなかったが、それでも商品転送時には、業界関係者を含む多くの人々が集まった。

このほか、九十九コンピュータ本店は60名程度(整理券は100枚程度配布)、PC工房秋葉原BUYMORE店には40人程度、コンピュータ販売店アークは50〜60人程度ドスパラ秋葉原本店は20名程度(開店前に整理券配布時には40人ほどの列)ソフマップAKIBA②号店コンピュータ総合館10人ほどの列になっていた。

ちなみに、6日(金)時点でRyzen 9 5950X / 5900Xは売り切れというお店がほとんど。 また、Ryzen 7 5800Xも一部では完売している。 コンピュータ販売店アークは、今回リリースされた4モデル全ての動作デモを実施中。 これから購入を検討している人は、店頭で確認してみるといいだろう。

今回はトークショーやOCデモなどの新しいCPUのリリース時には定評のあるイベントが進行されていないこともあり、以前のような「祭りモード」という感じはなかったが、「Intel超えて “最も高速なCPUを手に入れた自作PCファンは十分に満足したものである。

商品受け渡しの様子。 Ryzen 9 5950X万抽選販売を実施

[取材協力:ツクモeX.パソコン館とツクモパソコン本店とパソコン工房 秋葉原BUYMORE店とドスパラ秋葉原本店とパソコンショップ アークとソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館]

READ  中国政府は、TikTok米国事業を売却していないキャッチかもしれない| TechCrunch Japan

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close