経済

Satellite Vu, Japan Space Imaging Corporationをお客様と契約

Satellite Vuは日本スペース・イメージング・コーポレーションと契約を締結しました。 写真:サテライトビュー

サテライトビュー 日本宇宙会社と新たな契約を締結し、 日本スペースイメージング株式会社 (JSI)は、JSIがSatellite Vuの画像、製品、およびサービスを使用して、高解像度の熱データでグローバルイメージングポートフォリオを拡張するのを見るでしょう。 この取引は11月22日に発表されました。 この取引は、Satellite Vuの早期アクセスオプションプログラム(EAOP)の開始に続きます。

EAOPは、お客様とパートナーにSatellite Vuの画像、製品、サービスへの優先アクセスを提供します。 運用およびビジネス要件をサポートするために衛星容量を確保する機会もあります。 2023年5月、熱画像衛星の最初の打ち上げを控えて、Satellite Vuは公共キャンペーンを通じてサンプルデータを収集しています。 EAOPのパートナーは、追加の航空キャンペーンの位置に影響を与える可能性があります。 これにより、EAOPパートナーはSatellite Vuの独自のデータから得られた洞察を適用し、衛星発射に先立ちワークフローを開発するための有利な出発点を得ることができます。

「私たちはSatellite Vuとのパートナーシップに感激しています。 顧客はすでにSatellite Vuが市場に提供する独自の機能に関心を示しており、この革新的なデータを顧客に提供し、国家安全保障の脅威や気候変動の緩和など、さまざまな分野で困難な問題を解決するのを支援するのを待つことができますありません。」 Koji Ueda 、JSIのCEO兼社長は声明で言いました。

ロンドンに本社を置くSatellite Vuは、熱データを収集するために7つの熱赤外線イメージング衛星群を構築するよう努めています。

READ  インド - 太平洋地域に良いインド - 日本パートナーシップ:EAM Jaishankar

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close