Sebastian Vettel、2022年カレンダー、F1ニュース

Estimated read time 1 min read

4回の世界チャンピオンセバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel)は、暦年に記録的な23個のレースを含む2022年フォーミュラ1のスケジュールを中断しました。

オーストラリア、カナダ、シンガポール、日本はすべて2020年と2021年にコロナ19ファンデミクとそれに伴う健康の制限により、欠席した後、次のシーズンに待望の復帰をする予定です。

2022シーズンは、3月20日のバーレーンで開始されます。 11月20日アブダビで仕上げ。

Kayoで2021 FIA Formula One World Championship™ライブとオンデマンドのすべての練習、予選とレースをストリーミングしてください。 Kayoが最初にこのですか? 無料トライアルを開始>

中国は3年連続F1日程から除外されており、4月24日にはわからないで行われるエミリア・ロマーニャグランプリに置き換えられます。

マイアミで開かれる新しいレースも5月8日に確定しました。 米国は10月23日にオースティンが出場する2つのイベントを開催するためです。

来年には、2つのトリプルヘッダーと7つのバックツーバックの戦いが行われる予定であり、窮屈な日程のために従業員のストレスレベルに対する批判が提起されました。

そして今週Aston MartinドライバVettelはカレンダーがファンとスタッフにどのような影響を与えるかについて詳しく説明し、カレンダーへの不満を表明しました。

2022 F1シーズンには記録的な23個のレースがあるでしょう。 写真提供:Dan Mullan / Getty Images。出典:ゲッティイメージズ

Vettelは「これは私の意見であるだけで何の価値もありませんので、多くの人種があってはならと思います。」と言いました。 広いスポーツの世界

「私は、おそらく人々が見るにあまりにも多くのレースをしていると思います。 多ければ、もはや特別なありません。

そして(二番目に)(従業員に)気持ちがいい。 私たちの運転者 – 私たちは、良い方にあります。 私たちは、水曜日の夜に到着することができ、日曜日の夜に航空券などを見つけた場合残すことができます。

「しかし、チームはすでに、より多くのストレスを受けています。 彼らはその週前月曜日または土曜日に到着し、ガレージを作成し車を用意して一週間ずっと運行して荷物をまとめ、すべてを再度送って工場に再準備する必要があります。

「彼らには平日にわたって、ほぼ毎週末忙しく、自分のための時間がない仕事です。 そして、私たちは、人々が自分にも命があり、その生命は、雇用主のものではないことをますます自覚している時代だと思います。

「私は責任を負うものでもなく、明らかに他の興味もありますが、人々は家で過ごす時間と外過ごす時間の間のバランスを維持するようにすることです。

「長い間、情熱を維持し2、3年後にも飽きのこない、持続可能なレースがなければならないと思います。」

Sebastian Vettelは、現在F1ドライバーランキングで35点で12位です。 写真提供:ANDREJ ISAKOVIC / AFP出典:AFP

今年導入されたスプリント予選実験が2022年に再開されるかどうかは置いて見なければならない。 F1委員会は、11月12日から14日まで、ブラジルGPで開かれる三番目と最後のスプリント競技を終えた後、決定が下されると述べた。

2022年のシーズンには、多くの場合、行列の特性により批判を受けるスポーツで、運転者がより簡単に基づいて行って追い越すことができる再設計された空気力学を備えた、新しい車が導入されます。

F1は今週末の米国グランプリと10月25日午前6時(AEDT)に行われる予定です。

2022フォーミュラ1カレンダー

3月20日:バーレーン、社ヒル

3月27日:サウジアラビア、ジェッダ

4月10日:オーストラリア、メルボルン

4月24日:Emilia Romagna、Imola *

5月8日:マイアミ、マイアミ**

5月22日:スペイン、バルセロナ*

5月29日:モナコ、モナコ

6月12日:アゼルバイジャン、バクー

6月19日:カナダ、モントリオール

7月3日:イギリス、シルバーストーン

7月10日:オーストリア、スピルバーグ

7月24日:フランス、ルカステレ

7月31日:ハンガリー、ブダペスト

8月28日:ベルギー、Spa-Francorchamps

9月4日:オランダ、Zandvoort

9月11日:イタリア、モンツァ

9月25日:ロシア、ソチ

10月2日:シンガポール、シンガポール*

10月9日:日本、鈴鹿

10月23日:アメリカ、オースティン・

10月30日:メキシコ、メキシコシティ

11月13日:ブラジル、サンパウロ

11月20日:アブダビ、ヤスマリーナ

*契約先

** FIA回路に適用

– AFPと

READ  日本の住民は虐待に対する北朝鮮の報酬を求める
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours