技術

Seeed、Linuxを実行するように設計された$ 150 RISC-VコンピュータであるBeagleV発売

Seeed Studios-OdysseyミニPCのメーカー レビュー 8月 – よく知られている SBC サプライヤー ビーグルボード Linuxを実行するように設計された安価なRISC-Vシステムを生成します。

新しいBeagleV(「Beagle Five “と発音)システムは、デュアルコア、1GHz RISC-V CPUを使用します。 StarFive-RISC-Vのネットワークのいずれか 新興企業 よく知られているRISC-VサプライヤーであるSiFiveで製作しました。 CPUはSiFiveの2つに基づいています。 U74標準コア– 簡単なマイクロコントローラ専用設計とは異なり、MMUとLinuxディストリビューションのような本格的な最新のオペレーティングシステムを実行するために必要な他のすべての調整機能があります。

StarFiveのVIC7100プロセッサの設計は、汎用コンピューティングだけでなく、エッジAIの操作を目的とします。 2つのRISC-V CPUコアのほか、Tensilica Vision VP6 DSP マシンビジョンアプリケーション、ニューラルネットワークエンジンとシングルコア NVDLA (Nvidia Deep Learning Accelerator)エンジン。

BeagleVはSiFiveの設計で出てきた最初の汎用RISC-V Linux PCではないが、680ドルのような、以前の設計よりもはるかに費用対効果です。 他の追従を許さないHiFive。 より低いコストは、Debian LinuxとDebianのLinuxのサポートと一緒にFedoraのLinuxの基本的なサポートと同様に愛好家をはるかに魅力的になります。 FreeRTOS マイクロコントローラのオペレーティングシステムがまもなくリリースされる予定です。

StarFiveプロセッサのほか、BeagleVは8GiBのLPDDR4 RAM、ギガビット・イーサネット、802.11n Wi-Fi + Bluetooth 4.2チップセット、4Kおよび60fpsでH.264とH.265をサポートするための専用ハードウェアビデオトランスコーダが含まれています。 4つのUSB 3.0ポート、フルサイズHDMI出力、3.5mm通常のオーディオジャックと40ピンGPIOヘッダを提供しています。 5V / 3A電源はUSB Type-Cポートを介して供給され、システムは、標準のSDカードから起動します。

3月末にArsでBeagleVのレビューサンプルがあると予想され、4月に続いて、最初のハードウェアがコミュニティに配信される予定です。 幅広い一般的な供給は、2021年9月に行われる予定です。 最初のハードウェアの実行は完全に$ 140 / 8GiBシステムになるだろうが、次のリリースでは、RAMが少ない低コスト版が予想されます。

BeagleVの初期パイロットはVision DSPハードウェアをグラフィックスプロセッサとして使用してFedoraで完全グラフィックデスクトップ環境を可能にします。 次のハードウェアの実行には指定されていないモデルがあります。 GPU想像 ほか。

4月に出荷予定の初期「パイロット」ボードのいずれかを購入することに興味があるArs読者は初期プログラムに対応することができます。 ここ

画像一覧表示 さん

READ  インド、6G技術のグローバル強国に合わせてギアを変える: The Tribune India

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close