技術

Sensex、Nifty Edge Lower; 情報技術株式は実績に優れています。

インドの株式ベンチマークは、幅広い売り上げの中で、他のアジア市場の弱い兆候に支えられ、金曜日に急激に下落しました。 Sensexは471ポイントまで下落し、Nifty 50指数は重要な心理的レベルである17,150を下回りました。 アジア株式市場と米ドルは、世界インフレの急増による脅威の増加が強調された中央銀行会議の招集以来、金曜日に牽引のために苦戦した。

午前9時42分基準センセックスは335ポイント下落した57,565、ニフティ50指数は109ポイント下落した17,140に締め切った。

日本の日経指数は前日2.13%上昇した後、ほぼ7週間で最高値を記録し、金曜日の早い取引で0.85%下落した。

日本を除くMSCIの最も広範なアジア太平洋指数は0.2%下落しました。 それは週間1.7%の下落に向かっています。

家に帰ると、Reliance Industries、HDFC Bank、HDFC、Hindustan Unilever、ICICI Bank、Kotak Mahindra Bank、TitanがSensexで最も人気のある企業の1つでした。

IT株を除くすべての15のセクター指標が、Nifty Autoインデックスのほぼ2%下落したため、低価格で売却圧力が広くなりました。 Nifty Bank、金融サービス、FMCG、メディア、金属、PSU銀行、医薬品、プライベートバンク、消費者耐久財、石油およびガス指数も0.8〜2%下落しました。

Nifty Midcap 100指数が1.2%、Nifty Smallcap 100指数が1.3%下落し、中小型株は大型株より実績が低くなりました。

Tata Motorsは、Niftyで3.3%下落した475ルピーを記録しました。 Titan、Maruti Suzuki、Asian Paints、Mahindra&Mahindra、Hindustan Unilever、IndusInd Bank、Cipla、Eicher Motors、Grasim Industries、Hero MotoCorp、Tata Consumer Productsおよびコタック・マヒンドラ銀行も1.3~3.2%下落した。

一方、Infosys、Wipro、HCL Technologies、Tata Consultancy Services、Tech Mahindraは、米ドルに対するルピーの下落を追跡しながら、Niftyの上昇を示した。

BSEで958株が上昇している間、1,75株が下落し、全体的な市場幅は非常に否定的でした。

READ  この不気味なAI技術は、先祖の写真をミニ電気映画に変えることができます。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close